リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆11月スケジュールです☆
お休み
11月7日(火)14日(火)21日(火)28日(火)
午後から営業(午前お休み)
なし
午前のみ営業(午後お休み)
11月18日(土)

☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
11月25日(土)12時〜18時
11月26日(日)12時〜18時

<2時間ミニセミナー>
勉強が好きになる・11月11日(土)19時30分〜21時30分
人を変える魔法・11月12日(日)10時〜12時
LDPセミナー・11月12日(日)12時30分〜14時30分
ビジネスマインドコース・11月12日(日)15時〜17時30分

フラクタル心理学復習会11月19日(日)午前10時〜・午後19時〜
ホームページはこちら

ロビン・ウィリアムズさんの「奇跡の輝き」

2014.08.15 Friday
 
JUGEMテーマ:スピリチュアル

先日亡くなったロビン・ウィリアムズさん、パーキンソン病の初期だったそうですね。

ご病気で心身共にとてもお辛かっただろうと思います。

沢山の映画に出演されていましたが、わたしは、ミセス・ダウト、フック、いまを生きる、が好きでした。

アラジンのジー二ーの声も面白かったですね。

それから、今日思い出したのですが、ロビン・ウィリアムズさんは「奇跡の輝き」という映画にも出ていましたね!

死後の世界が描かれている映画です。

天国はとても美しいのですが、自殺した人達がいく恐ろしい場所が本当に怖い。。。

わたしは、自殺した人達がそんなところにいくとはとても思えませんが。

エンディングノートに、延命処置についての選択肢を選ぶよう書いてありましたが、

わたしは迷わず、「延命より苦痛を少なくして欲しい」と、「回復の見込みがなければ延命処置をしないで欲しい」に◯をつけました。

これも、別の角度から見れば自殺に入るかも?

あくまでもわたしの意見ですが、大変な状況下では、それも許されるのではないでしょうか。

きっとロビン・ウィリアムズさんは今、別の世界でのんびり休まれているのでしょう。

沢山の笑いと幸せをわたしたちに届けてくれた、素晴らしい俳優さんでした。

「奇跡の輝き」は(地獄の場面はともかく)感動的な映画だったのでぜひご覧ください。

LILY IN THE FIELD




8月のお休み
8月18日(月)、21日(木)、28日(木)

7周年記念講座「タロットと潜在意識の法則」
日時 2014年8月24日(日) 
   13時〜16時30分(終了してから30分は質問を受け付けます)

料金 8000円(タロットスクールの生徒さんは7000円)
   テキスト付き。 
   ライダー版タロットカードをご用意してください。(カードの販売もしております)

場所 川南町川南15786−13(ドンズカフェさん)

人数 8名まで。

持ってくるもの 1メートル前後の布、筆記用具

ご予約&お問い合わせ 090−2804−7641(池田)


インセプション。

2014.08.10 Sunday
 
昨日の台風はいかがだったでしょうか?

インターネットでみると、三重県の方はずっと避難勧告が出されていて、住民の方々大変でしたね。

伊勢神宮も大丈夫かしらと心配していました。

わたしは、あの雨風一番激しい時お昼寝していて熟睡で、目が覚めたらピークは過ぎていました。(他の人に話すと、あのうるさい中よく寝ていられましたね、と言われました・・・)

夜中の地震とか、なかなか気付かないタイプなので、大きな災害に遭遇したら、多分逃げ遅れて死ぬと思います・・・。

夕方は、久しぶりに散歩。


台風後の空は不思議な黒がいっぱいです。

まるでUFOのような、横にしゅっと長い雲ばかりでした。

風が涼しくてトンボが飛びかい、何だかもう秋の気配です。暦の上ではもう立秋は過ぎましたね。

ところで、今日は早速、タロット&潜在意識の講座のお申し込みがありました☆

ありがとうございます!

書き忘れていましたが、講座にお申し込みの方は、カードをシャッフルする際、下に敷く布を持ってきてくださいね。

どんな布でも構いません。サイズも、もし広ければ畳んで使えばいいので、あまりこだわらず家にあるものを持っていらっしゃってください。

夜は、映画「インセプション」を観ていました。


他人の夢の中に潜り込む映画ですが、ストーリーがなかなか難解です。

わたしは1回観ただけでは、さっぱり意味がわからなかったのですが、観れば観るほど新しい発見があり、面白いんですよー。

講座を受ける方には、もしお時間あれば、ぜひ観ておいてほしい映画です。

LILY IN THE FIELD


映画「マトリックス」

2014.06.22 Sunday
 
週末は夜中にDVDを観ていました。

「マトリックス」です。

昔観た時には、怖いーとかアクションすごい!!とか思ったものですが。。

いまは、少しは心が成長したのか、1つ1つの言葉にドキッとします。

一字一句のセリフが気になり、全く目が離せなくて大変でした。

マトリックスって実は、重大なメッセージを伝えてくれていますね。(ネタバレがあるので、まだ観ていない方は読まないでください!)

日本語で観て聞いていただけなので、記憶違いがあったり、実際の英語の表現と若干違っていたらすみません。。(ニュアンスは同じだと思いますので。。)

・考えるな、感じろ。

・打とうとするな!打て!

・わたしは入り口までは案内する。扉を通り抜けるのは君だ。

以前だったら素通りしていた言葉が引っかかっていきます。

預言者の言葉も、前はさっぱりわからなかったし、なぜネオを救世主ではない、と言ったのか、「?」でしたが。。

今ではよく分かります。

モーフィアスがネオに、預言者はガイドで、当たり外れは問題ではない。

というような事を言っていましたが、確かに。

預言者は、謎めいた事を言ったり、本当は真実を分かっているのに、わざと違う事を言っているけど。。(2回観ると、ああ預言者は本当は分かっていたのか。とわかるのです)

ちゃんとネオを導いてくれています。

だから、当たり外れの問題ではないのかーと納得。

「救世主である事は恋する事と同じ。自分が実感していないとわからない」

というセリフも出てきましたが、本当にそうですね。わかりやすい!!

恋をしている時はドキドキしますが、自分が、心、身体で感じているだけ。

他人にはそれがわかりません。

だから、預言者がネオに、「あなたは救世主よ」と告げるのは何の意味もない事です。

ネオが自分で、「自分は救世主だ」と実感しないと救世主ではないのです。

あなたは大丈夫、とか、あなたはこうなるべき、

と言ってほしくて、ちょっと安心出来る事を言ってもらえるとホッとして。。

でもまたしばらくすると、どうしても証拠が欲しくなって、確認に行って。。

という感じで、あちこち占いや霊能者の元にもたずねていきますが。。(わたしもそうでしたが)

そうではないのですね。

結局、自分が自分で実感するしかないんだよね、と思います。

まさに、「考えるな、感じろ」です。

「運命を信じたらダメ。自分で人生をコントロールできる」

という言葉も出てきますが、これも納得。

わたしたちは、自分の歩む道を、神に決めてもらうのではなく、「自分で」決める事が出来ます。

わたしは、それを一緒に考える役目にもなれればなーと思います。

まさに、ドアまで一緒に歩く存在ですね。

今日は、こういうお話が大好きなある先生とマトリックスの話をしましたが、

「えーマトリックス観たけどそんなシーンあったかしら!!また観たくなっちゃったー!!」

とキャーキャー言われました・笑

タロットの話をすると、これもまた、すっごく興味を持ってくださって、

「タロットって結局、自分の潜在意識が出るだけの事ですからねー」と言うと、

すごい!わたしもタロットしてもらいたいわ!!と興奮されていました。

マヤ暦でも、「イン・ラケッチ」というマヤ人の挨拶があって、

「あなたはもう1人のわたし、わたしはもう1人のあなた」という意味なんですよ、と教えたのですが、

お別れするとき、最後に、今日はわたしに会えて、面白い話が出来て本当によかった、とまで言われました・・・。

マトリックスで(しつこくてすみません・・・)

預言者の家で、スプーン曲げをしている少年がいたけど、不思議な事を言います。

スプーンを曲げようとしたらダメ。スプーンなんてない。

スプーンは自分の事だよ。

と言い、ネオが首を曲げるとスプーンも首と同じ方向にぐーっと曲がりました。

外側は全て自分を反映してくれているのですね。(物でさえ)

今日お話した先生が、キャー!タロットすごいわー!とかマヤ暦面白いのね!と言ってくれるのも、わたしの心の声を表現してくれているだけのこと。

帰りながら、あっわたしって本当にタロット好きなのね!と気付いて、キャーキャー言ってたのは自分だったか。。と笑えました・笑

LILY IN THE FIELD




映画「ゼロ・グラビティ」

2014.02.02 Sunday
 
昨日は映画の日だったので、夜、友達を誘って映画を観に行きました♪

ディカプリオの「ウルフオブウォールストリート」にするか、

松たか子の「小さいおうち」にするか、

それとも意外なチョイスで「トリック」にするか・笑

で悩みましたが、

直前に、「ゼロ・グラビティ」がまだある事に気付き、これにしよう!という事で、サンドラ・ブロックの「ゼロ・グラビティ」に決定。

まー宇宙って怖いです。。岩城滉一は宇宙に行くらしいですが、わたしは勘弁です。

わたしは、冷や汗をかき、怖いよー早く無事地球に還ってくれーという思いでしたが、

友達は感動の涙を流していたようです。

映画の後、二人でうどんを食べていたら、映画に感動して涙が出たと告白され、

泣くとこあった?!と感性の鈍いわたしはビックリ仰天でした。

久しぶりにジョージ・クルーニーを観ましたが、カッコ良かったですよ。

生きるか死ぬかの最悪の状況でも、

「おい、おれがハンサムだからって顔をそんなに見るな!」(だったっけ?)

「オレに惚れてただろ」など、

ジョークを飛ばす。

良いニュースが1つ、悪いニュースが1つある、

とひねるところもさすがアメリカ人(役柄では、名前がロシア人っぽかったけど)

アメリカ映画では、大変な時でも必ずジョークを言いますね。。

また、ストーリーでは、ロシアが人工衛星を爆発させたせいで、不幸の連続が始まるのですが、

ロシアはこれを観て怒らないかしら、とちょっと心配になりました。

次は、「ウルフオブウォールストリート」でディカプリオのドヤ顔を観なくては☆

LILY IN THE FIELD



映画のお供。

2013.12.23 Monday

お客さまにお土産にいただいたポップコーン。

これは。。今まで食べたポップコーンの中で一番美味しいかも!


うめかつお味でした。また味もマニアックですが・笑

これがまた本当にうめかつおの味なんですよ。感動でした☆

お取り寄せをしてまで食べる人がいるというポップコーンだそうですよ。

ありがとうございました

わたしは作業するときに、DVDを観ながらするのですが(音を聴きながら)

2013年よく観た映画は、

「ミッションインポッシブル/ゴーストプロトコル」と

「007カジノロワイヤル&慰めの報酬」

「パイレーツオブカリビアン/ワールドエンド」

でした☆

ちらっと観るだけで十分。一生懸命になりすぎる事もなく、ちょうどいい感じの映画。

「ライフイズビューティフル」なんて、「あ、懐かしい」とうっかりYOUTubeで予告編を観ただけで涙涙でした。

とてもいい映画だけど、号泣しそうでもう観られません。

LILY IN THE FIELD



<< | 2/2PAGES |