リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆11月スケジュールです☆
お休み
11月7日(火)14日(火)21日(火)28日(火)
午後から営業(午前お休み)
なし
午前のみ営業(午後お休み)
11月18日(土)

☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
11月25日(土)12時〜18時
11月26日(日)12時〜18時

<2時間ミニセミナー>
勉強が好きになる・11月11日(土)19時30分〜21時30分
人を変える魔法・11月12日(日)10時〜12時
LDPセミナー・11月12日(日)12時30分〜14時30分
ビジネスマインドコース・11月12日(日)15時〜17時30分

フラクタル心理学復習会11月19日(日)午前10時〜・午後19時〜
ホームページはこちら

ノーベル文学賞

2017.10.05 Thursday

 

昨日は、ごはんを作るのに疲れて、子どもと食事へ。

 

 

帰り道の月に、「あ、十五夜だった」と思い出しました。

 

季節の変わり目で、疲れやすい時です。

もっちも、「寝ても寝ても眠い」と言っていました。

 

わたしも、暇さえあれば寝ていますが、本当に眠い。

 

家にも、この疲れが連動するのか、

Wi-Fiがつながらなくなったり、

携帯が突然、ぷつっと切れたり、

アップデートできませんと出たり、

最近、全てが疲れているなあと思います。

本格的に寒くなってきたら、調子が出てくることでしょう。

 

今日は、ノーベル文学賞のニュース。

村上春樹さんではなく、カズオ・イシグロさんという方が賞をとりましたね。

 

イギリス国籍の方だそうですが長崎出身。何だかうれしいニュースです!

 

「わたしを離さないで」は、昔、本ではなく DVDで観たのですが、

悲しすぎる映画でした。

もうこれ以上はみたくない、と思いつつ、でもどうなるのかみたい・・・と、

目が離せなくなる不思議な映画ですよ。

「日の名残り」も多分、映画の方を観ている気がしますが、昔すぎて覚えていません。

せっかくなので、そのうち肝心の原作の方を読んでみようと思います。

 

LILY IN THE FIELD

 

 

 


ノーベル賞。

2017.10.03 Tuesday

 

明日は、中秋の名月。

十五夜さんですね。

 

明日の天気予報は晴れ、でしたよ。

 

 

満月と、踊る人々の絵葉書を飾ってみました。

斜めなのは、ガラスにわたしの姿が映るからです。

みんな、自分が映らないようにどうやって写しているのでしょうね。

 

ところで今日は、ノーベル賞のニュースを読みました。

「重力波」の研究をした三人のアメリカの方にノーベル賞が授与されるそうで、

何度読んでも、重力波の意味はあまりよくわかりませんでしたが、

アインシュタインが100年ほど前に重力波の存在を予言していた、

というところは、すごいことだわーと感心しました。

 

100年後に解明してくれる人が出て来て、

アインシュタインも喜んでいるだろうと思います。

 

LILY IN THE FIELD

 


松浦弥太郎さん講演会。

2017.09.30 Saturday

 

今日は、午後から松浦弥太郎さんの講演に行ってまいりました。

 

「暮らしの手帖」で学んだこと〜トト姉ちゃん大橋鎮子さんの思い出〜

がテーマでした。

 

わたしは、暮らしの手帖も、ご著書もいっぱい読んでいたので、

お話が聞けるのがとっても嬉しくて、良い場所で聴こうと思い、ものすごく早く会場に行きました。

 

松浦弥太郎さんの実際のお姿は、すらっとしていて、足にはスニーカー!!

そして、とてもとても優しいお声で、静かにお話されました。

 

実はわたし、NHKのトト姉ちゃんは、1回もみたことないのですが・・・

お話を聞いていて、大橋鎮子さんって、こんなにユニークで魅力的な方だったんだなあと思いましたよ。
 

大橋鎮子さんから教えていただいたり、ご自分で気づかれた、

「仕事の3つの原理原則」のお話には、深く納得でした。

 

暮らしの手帖の編集長を大橋鎮子さんから打診され、

最初の3年間、とてもとても苦しんで、読者からの苦情のお手紙もたくさんいただいたそうです。

 

「その苦情のお手紙の字が、すごい達筆で・・・」

とおっしゃっていたのも、おかしかったです。

「暮らしの手帖」読者は、年齢層が高いからですねー。

そんなお手紙にも、一つ一つお返事していたという、

なんと律儀な・・・

 

まあでも、3年でちょっと風向きが変わってきたようで・・・

やはり何事も「3年」です。

「石の上にも3年」と言いますからね。

 

 

帰りにサインをいただいて、

思い切って一緒に写真も撮ってもらいました。

 

「ファンだったので、お会いできて嬉しかったです!」

と、こそっとお伝えすると、

「そうでしたか!」と笑顔でした。

 

大橋鎮子さんの、周りの人たちに対する愛情深さ、自分の感性を大切にされていたこと、

ひとつひとつのエピソードが、とても心温まる素敵なお話でした。

 

人間、ときにはちょっぴり現実逃避したり、夢をみることも大切ですね。

 

LILY IN THE FIELD


アップデート。

2017.09.24 Sunday

 

今日は、入門2日目。

どこかの学校で運動会だったようで、朝から元気良く花火が上がっていました。

 

昼間は、近くの公民館で、お年寄りの皆さんがが声をそろえて歌っていて、

途中で「ばんざーい」という声まで聞こえてきて、すごくおかしかったです。

にぎやかな1日でした・笑

 

 

 

今日は、美味しいみかんをいただきました。

秋のみかんは、子供の頃の運動会を思い出します。

 

ところで、

目の前に現れる食べ物は、自分に必要だから現れてくれています。

だから、よっぽどのことがない限り、出されたものは遠慮なくいただいた方が良いのではと、

わたしは思います。

食べ物だけではなく、目の前に現れるものは全て意味があるらしいです。

 

今日は、隠している古くていらない思考を早く完結して手放していきましょう、という話になりました。

 

セミナーが終わってから、もっちに、

「お母さん、iPhoneのアップデートしたらすごいよ!」

と言われたので、メッセージがきたぞ!と、早速アップデートしてみたら、

確かに今回はかなりの変化を感じました。

 

LILY IN THE FIELD

 


リリー会員さま ・バーチャルリアリティー動画。

2017.09.12 Tuesday

太陽フレア。

2017.09.08 Friday

 

今日のニュースで気になったのは、太陽フレア。

調べてみると、

太陽の黒点で、通常の1000倍の大爆発が起こり、

電気を帯びた粒子が地球に到来して、

地球に影響を与える恐れが、ということでした。

 

携帯が通じにくくなったり、GPSが誤作動したりと書いてあったので、

何か起こるのかな、と思っていたら、

メキシコで大きな地震がありましたね。

これとは関係ないかもしれませんが。

メキシコがどんな状況か気になるところです。

 

今日は午後からは暇だったので、一人でお茶をしに行きました。

 

 

ハーブティーを頼んだら、まるで泥水のような色!

恐る恐る飲みましたが、非常に美味しかったです。

 

お茶をいただいていた時に、

あれ、なんか今ちょっとぐらっとしたような・・・と思っていたら、

熊本でも地震だったようです。

ずっと地震が続きますね。

 

お店では、

近くのテーブルで、主婦の方々らしき集まりが、◯○さんは四人目妊娠よ!など噂していました。

 

わたしは一人、せっせと本を読みました。

 

 

 

先月から読んでいるのに、なかなか最後まで読み終わらなくて苦戦しています。

3冊とも全て、「この世界は幻想」という視点で書かれていますが、

こういう内容の本って、実はいっぱい存在していたんだなーと感心します。

いままで全く目に入っていなかっただけのようで、実はたくさんお宝は転がっています。

 

今日は、娘が運動会の予行練習でした。

そして、はじめて徒競走で1位になったそうです。

太陽フレア・・・??

でも、ぼやぼやしていて1位を申告しに行かなかったら、2位にさせられてしまったそうで、

うちの子らしいなーと思いました。

 

練習だからいいけど、本番はぼーっとしてたらダメよ!と釘を刺しておきました。

 

本人は1位でも2位でもあまり気にしてないようで、

「髪を切ったら急激に足が速くなった!」と興奮していました。

 

修学旅行で清水寺に行った時にも、学業にご利益のある水を飲んだそうで、

「なんか急に頭が良くなった気がする!」と興奮したという話をしていましたねえ。

 

LILY IN THE FIELD


ダブルレインボー。

2017.09.07 Thursday

 

今日は、朝から雨が降ったり、雷が鳴ったり、晴れたり、忙しいお天気でした。

 

夕方外を見ると、虹が。

 

 

南の窓から大きな虹が見えました。

 

 

東の窓から見ると、うっすら2本見えます。

ダブルレインボーというそうです。

 

ネットでダブルレインボーを調べてみると、「卒業」の意味があるとか。

何が起こるのでしょうか、楽しみです。

 

今日は、鹿児島から来てくださった方がいて、

宮崎に来る時は大雨でしたよーとおっしゃっていました。

帰りに虹が見れたなら良いなあと思います。

 

LILY IN THE FIELD

 

 


10周年。

2017.09.01 Friday

 

LILY IN THE  FIELDは、8月で10周年を迎えることができました。

たくさんの素晴らしい皆様とご縁に、感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。

 

 

10周年を覚えていてくださった方がいて、今日は可愛いお花をいただきました♪

ありがとうございました。

 

いつも8月は、何かしらのイベントをしてみるのですが、

今年は、子どもが2週間の泊まり込みの講習に行っていたので、ゆっくりしようと思い、

家でひらすら本を読みました。

本はすでに、何年か前にほとんど処分していましたが、

残っている本を振り返ってみましたよ。

 

 

10年以上前に読んだ「タロット教科書」

なんだかわからないけど、タロットってすごい!と思うきっかけになった本です。

実は、カードの1枚1枚に、いろいろな意味が隠されていて、

この不思議な世界観に、とてものめり込みました。

 

 

すごく分厚い、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」

有名な本です。

仕事を始める前に読んでいたのですが、

実際に人と関わっていく中で、非常に参考になりました。

最初の頃、商売のことがわからなくて、どうしたら良いものか悩んだ時によくこの本を開いていました。

良いことはたくさん書いていますが、

読むたびに、「いまは、損して得とれの精神でいこう」と決意したものです。

 

 

 

言葉の力ってすごい!と実感した「人生を開く心の法則」

聖書やキリスト教のことはイマイチわからなかったのですが、

この本のおかげで、アファメーションというものを知りました。

 

ナポレオンヒルズでは慰められないぐらいに不安になっていた時には、

いつもこの本のなかの言葉を唱えていました。

ブツブツ唱えたり、祈ったりしていると、心が落ち着いたものです。

 

仕事をはじめて、多分4、5年ほどは、ずっと不安な日々でした。

自営業の方のご相談も受けますが、

たいがい、最初の頃の何も出来ないわたしに比べたら全然たいしたことないです。

 

忘れられない思い出は、

ある時、不安な気持ちを話した際、外国人の方に、

「親も親戚も近くにいるんでしょ?それは甘えてるよ。お金がなくても食べていけるじゃない」

と指摘されて、ハッと反省して、

もう泣き言は言ったらいけないと決意しました。

 

 

ヒューレン博士の「ホ・オポノポノ」の考え方にも、とても驚きました。

「何が起きても100パーセント自分の責任」です。

これには、目からウロコで、そうなの?とびっくりしました。

荒唐無稽な話ですが、なんとなく「これはきっと本当のことなのだろう」と思い、何度も読みました。

KR女史の講演も聴きに行きました。

ホ・オポノポノの本は大好きで、いま読んでも心が落ち着きます。

 

 

そしてそして、2014年に出会ったのが、

一色真宇先生(宮崎なぎさ)の「人生乗り換えの法則」。

これは、衝撃が大きすぎて、しばらく立ち上がれなくなるような内容でした。

フラクタル心理学の考え方は、

「思考は現実化する。100%例外なく」

です。

ナポレオン・ヒルと、ホ・オポノポノをミックスしたような言葉ですね。

 

これを読んで初めて、わたしは、

「思考は現実化する」と、「何が起きても100%自分の責任」

の意味がよくわかっていなかったことがわかりました。

非常にアバウトに捉えていたようです。

 

「これはそうだけど、あれは違う」など、勝手なマイルールを作っていたと気づかされました。

さらっと書いていますが、これは結構なショックで、

一体いままで何やってたんだろ・・・と、かなり心が落ちこみました。

フラクタル心理学を勉強してみて、物事を正確に細かく観察することを覚えてよかったです。

自分の心も細かく正確に観察して秩序をもたらさないと、望む現実には変えられないのです。

 

それにしても、繰り返し読んだ本を古い順に並べてみると、

じわじわと本質に近づいているのがわかります。

どれも決して無駄ではなく、必要な学びだったようです。

 

10年を振り返ると、わたしは、だいたい3年ごとに色々なことに取り組んでいます。

はじめの3年は占い&霊感系、次の3年はマヤ暦とヒーリング、その次がフラクタル心理学という感じです。

タロット、姓名判断、占星術、レイキ、マヤ暦、ヒーリング、ミディアムシップ、

特に、カード系はいろいろな方に習いました。

 

いろいろなことを学んだ中で、フラクタル心理学が、一番びっくりしました。

本を読んだだけでも驚き、四六時中読み直していましたし、

実際にセミナーを受けて、さらに、「えぇっ!!」とびっくりでした。

 

フラクタル心理学は内容もそうですが、テキスは本当によく出来ているといつも感心します。

こんなによくできているテキストは他にはないのでは、というレベルです。

 

フラクタル心理学の受講料はなかなか高額なので、まさか全て受講できるとは思いもしませんでしたが、

心から望めは、どうにかなるのですね。(思考は現実化する)

入門から上級まで、ひと通り受講しただけではなく、再受講まで、できました。

そして、入門セミナーの講師の試験にも合格でき、教えることも出来るようになりました。

 

最初に、この世界の仕組みを知りたい!という思いで始めた仕事なのですが、

10年かけて、やっとその正体をつかめた実感があります。

お金と時間とエネルギーを費やしたおかげで、やっとこの世界の正体がわかりました。


知ってみると、「なーんだ、そういうことだったのか!」と拍子抜けしましたが、

でも、いまは心の中は安心感でいっぱいです。

自分が望まない限り、悪いことなど絶対に起こらない素晴らしい世界だとわかりました。

 

もう、恐怖に駆られてアファメーションしなくても良いし、

一人でも孤独や不安を感じないし、

追い立てられるように働きすぎる必要もない。

誰かに奪われる!と、慌てなくても良いし、

何かが足りない!という不足感も感じない。

 

たまには感情的になり、不機嫌にもなるし、少々不安にもなるし、緊張もしますが、

それも昔の10分の1ぐらいではないでしょうか。

悩みは、絶対にゼロにはならないものらしいです。

まあでも、色々あっても、最後にはどうにかなる、大丈夫だろうと楽な気持ちでいます。

誰かの顔色を伺う必要もなく、良い人ぶることもなく、

自分の好きなことを堂々としても良いんだ思うと、とても清々しいです。

これは10年前には全くなかった思考回路ですね。

 

これまでの10年は、いろいろな世界の模索と発見ができ、考え方が変わりました。

何よりこの世界の正体がわかったのは、非常に大きな収穫でした。

出会う方々に、導いていただいたおかげです。

これからは、この10年の学びを活かして、

いつか、10年後か20年後か・・・唯一無二の何かを創り上げることができたらなあと考えています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

LILY IN THE FIELD 池田雅

 


赤いカプセル。

2017.08.27 Sunday

 

昨日は、ミニセミナー開催していました(ひっそりと・・・)

 

暑い中、お集まりいただきありがとうございました。

 

 

人を変える魔法。

LDP。

ビジネスマインドコース。

という順番でしたが、

 

自分を見つめるセミナーですね。

 

なかなか、自分一人で、自分自身を見つめ直すことは難しいものです。

また、誰かと一緒に受講することで、気づかされることもたくさんあります。

受講生さん、なにか気づいたことがたくさんあったなら良いなーと思っています。

 

夜は、いままでフラクタル心理学セミナーを受講してくださった方々との食事会でした。

 

みなさん、映画「マトリックス」をみていないとおっしゃっていて、

わたしは、もちろん見ているだろうと当たり前のように思い込んでいたので、

「あの映画みてなかったの!!!そんなー・・・あれみておかないと!!」と、ガーーーンでした。

 

これは、絶対に観ておいて欲しい映画なのです。

 

「この世界は幻想で、全て自分の自作自演」

 

ここに気づきましょう!というところが第一歩なのですよ。

これが腑に落ちなかったら、もう何言っても全く聞く耳持ってくれないんですよね。

 

「マトリックス」は、これを、わかりやすーく教えてくれています。

 

映画「マトリックス」の主人公ネオは、

青いカプセルと赤いカプセルを出されて、

 

青いカプセルを選ぶと、元の世界に戻って目が覚める。

赤いカプセルを選ぶと、真実を見ることができる。

 

って感じのことを言われるのですね。

 

そしてネオは、赤いカプセルを選び、どえらい場所で目が覚める・・・という展開です。

 

食事会の時に、健康食品のカプセルが、喉に引っかかってなかなか入らないという話が出たので、

これを思い出しました。

 

みんな、真実を知りたくて学んでくれたのは良いけど(赤のカプセルを選んだ)

もしかして、カプセルが喉にひっかかって、いまだにごっくん、と飲み込んでいないんじゃないのか・・・

それとも、飲み込んだふりをして、後でペッと吐き出した?!

と心配しちゃいましたよ・笑

カプセルだけもらって、それを飲まずにいまだに大切に取っておいている人もいそうです。

 

わたしは、本当のことが知りたいとずっと思っていました。

死後の世界だとか、前世だとか、霊とか、不思議な話はたくさんあるけど、証拠は何もありません。

 

何を聞いても、かすかに、どこかで納得できない自分、腹が立っている自分がいて、

この訳のわからない物足りなさをどうしたらいいのか、と途方に暮れている時に出会ったのが、

フラクタル心理学の本でした。

本にも衝撃を与えられましたが、理解ができず、

思い切って入門を受けに行ってはじめて、

これまでの自分の疑問に綺麗に説明がついて、ものすごくスッキリしました。

 

いままで、

占いしても、引き寄せをしても、お祓いしても、祈祷しても、何か唱えてみても、

ありとあらゆることをして努力しても、

イマイチ思ったことが叶わない、幸せを感じない、救われない、

という方は、フラクタル心理学入門へどうぞ。

 

ある程度理解できたとき、段々おかしくなってきます。

自分自身が創りあげた幻想にすっかり騙されていて、

わたしったら何してるのよ、もう妄想に浸るのはやーめた、と笑えてきますよ。

 

真実を見るのはちょっぴり怖いものですが、

勇気ある方に、ぜひ学んでいただきたいと思っております。

 

次回の入門は、

9月23日(土)・24日(日)12時〜18時

の二日間です。

 

LILY IN THE FIELD


旅。

2017.08.20 Sunday

 

娘が受験勉強のため東京へ。

今朝は、宮崎ブーゲンビリア空港に送ってきました。

 

帰省ラッシュなのでしょうか、

到着して手荷物検査の行列を見て、あまりの長さにぎょっとしました。

宮崎で、こんな長い行列は初めてみました。

 

何とかギリギリ手続きがすべて終わり、出発です。

一緒に東京に行くお友達のお父さん方にもお会いしたので、ご挨拶をしました。

 

一人のお父様は、

「うちは、今月東京3回目ですよ。本当にお金がかかりますわ・・・」

とおっしゃっていました。

 

これから東京で通う予定の塾は、非常に厳しいそうで、

来る人たちも超本気で、昼食もそこそこに、とにかく課題に向かうそうです。

 

他のお父様が、

「甘えているから、ちょうど良いわ。ちっとは辛い思いもしてこんといかん!」

とおっしゃっていて、

「そうですよ!」

とわたしも同意しました。

 

ところで、東京に一緒に行ったお友達は、先日の台風の時東京に行っていたそうで、

飛行機が運休になったということを聞いていたので、

「あの時は一体どうやって宮崎に帰ったの?」

と聞くと、

 

東京から福岡まで新幹線。

福岡から大分まで特急列車。

大分には、ご家族に車で迎えにきてもらって、

そこから、雨風激しい中、高速で宮崎まで帰ってきたそうです。

陸のルートを駆使して、すごいですね。

 

一人で頑張って、えらいです。

最近の高校生は携帯が使えて、自分で色々調べることもできるし、とても頼もしいですね。

 

教えてもらって、わたしも非常に参考になりました。

 

 

 

ブーゲンビリアがいつも綺麗です。

 

 

東京に着いて浅草に行ったようで、画像が送られてきました。

 

いまは、何だかとても楽しそうな雰囲気ですが、

あしたからどうなるやら。

 

LILY IN THE FIELD

 


<< | 2/24PAGES | >>