リリーインザフィールドのブログへようこそ。
2月4日に移転しました。
新住所は、
宮崎県児湯郡高鍋町大字上江8100−3 2F
です。
☆3月スケジュールです☆
対面コーチングは9時〜15時までの受付とさせていただいております。
お電話でのコーチングは9時〜19時までの受付です。
・お休み・
3月30日(金)・31日(日)
・午後から営業・(午前お休み)
なし
・午前のみ営業・(午後お休み)
なし

☆セミナー情報☆


ホームページはこちら

一色先生セミナー感想。

2017.07.06 Thursday

 

先日は、セミナー開催をしたのでその感想を少しだけ。。。

 

先日、リリーインザフィールドでは、一色先生祭りの3日間でした。

 

フラクタル心理学創始者・一色真宇先生です。

 

一色先生は、いまはアメリカ在住で、夏と冬に日本に帰って教えてくださいます。

 

わたしは昨年の冬に、東京で「現象学1」を受けてきたのですが、

 

宮崎では「グループセッション」「インナーチャイルド療法」「現象学1」をお願いすることができました!

 

昨日は、インナーチャイルドを受講した方がうちに来てくださったので、

 

「一色先生のお話どうでしたか?」と訊ねてみたら、

 

「こんなに厳密に、ダメなものはダメ、とすることに驚きました」

 

と、おっしゃっていました。

 

わたしも全く同じ感想で、フラクタル心理学では「法」という言葉が出てくるのですが、

 

わたしたちは、無意識の「法」を持っています。

 

でも、この「法」が曖昧だったり、法に例外を作っていて、

 

周りの人や社会に違和感や理不尽さを感じたり・・・

 

また、自分が作った法を自分が破ると、自らが裁かれてしまいます。

 

現象学の中でも、「法」とか「ルール」という言葉が何度も出て来ました。

 

 

画像は、インナーチャイルド療法。一色先生がはるか遠くにいらっしゃいます・・・

 

狭いお部屋で、たくさんの方がギューギューに入って、受講してくださいました。

 

インナーチャイルド療法では、「誘導瞑想」をするのですが、

 

その「誘導瞑想」の文章が、先生オリジナルで、とても良かったです。

 

現象学では、「深層意識3」(深層意識の一番深い部分)を学びます。

 

「自分がなぜ生まれてきたのか」という根源的な問いの答えが、現象学を学ぶとわかってきます。

 

「入門」で思考が現実化する理論を習うのですが、現象学では、それを違う言い方で教えてくださるので、

 

「本当に自分が創っていたんだ」と、腑に落ちていきます。

 

わたしもそうでしたが、皆さん最初、入門を習った時には、なかなか現実と空想の区別をつけられずに悩みますね。

 

この区別がつくようになると、悩むのがバカバカしくなってきて、心が解放されます。

 

現象学は、毎回すごーく面白い話をしてくださるのですが、

 

個人的に面白かったのは、「魔法」のお話。

 

魔法の呪文にも、実はちゃんと意味があるそうなのです。(呪文の言葉そのものには、意味はないそうですが)

 

「名前」もある意味、魔法の呪文です。

 

神社やお寺の儀式にも、理由があるのね、とよくわかりました。

 

わたしも魔法少女になりきって、魔法の呪文を唱えよう、、、と思います☆

 

セミナーにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

LILY IN THE FIELD

 


comment
コメントする