リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆6月スケジュールです☆
お休み
6月6日(火)・13日(火)・20日(火)・27日(火)
午後から営業(午前お休み)
6月9日(金)・12日(月)
☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
6月24日(土)12時〜18時
6月25日(日)12時〜18時

LDPセミナー・6月18日(日)10時〜12時
人を変える魔法・6月18日(日)13時〜15時

一色真宇先生・グループセッション
6月30日(金)17時〜19時・19時30分〜21時
一色真宇先生・現象学1
7月1日(土)10時〜17時
7月2日(日)10時〜17時
一色真宇先生・インナーチャイルド療法
7月1日(土)18時〜21時

ホームページはこちら

夏目漱石「私の個人主義」覚書

2017.04.11 Tuesday

 

夏目漱石といえば、「坊ちゃん」です(わたしにとっては、ですね)

 

坊ちゃんの、学校の同僚の先生方へのあだ名の付け方が、

 

以前、あだ名をつけまくっていた有吉弘行を思い出し、笑えますが

 

江戸っ子で卑怯なことが大嫌いな、まっすぐな性格の坊ちゃん、不器用なのですが、

 

なんだかちょっと、うらやましくなります。

 

坊ちゃんがまた読んでみたいなあと思い、ネットで注文しようかなと探していたら、

 

たまたま、「私の個人主義」という作品にあたって、無料でダウンロードして読んでみて、

 

内容にびっくりしました。

 

夏目漱石が、学習院で講演した時の話が書き起こされたものなのですが、

 

これが、現代でも十分通用する内容で、ほーと感心しました。

 

わたしは初めて知りましたが、夏目漱石は、イギリスに留学したらしいのですが、

 

そこでウツを患ってしまったようです。

 

何となく英文学を勉強していたようですが、その勉強の意味もわからなくなってしまい、

 

その日その日はまあ無事に済んでいましたが、腹の中は常に空虚でした。

 

と表現しています。

 

やり過ごすことはできるのですが、何の達成感もなかったのでしょうね。

 

わかるわかる、と共感してしまいます。

 

しかも、教師の仕事をしていたのに、それに少しの興味もなかった、とまで言っています。

 

その原因が、

 

他人本位で、根のないうきぐさのように、そこいらをでたらめに漂っていたから、

 

ダメだったということに、ようやく気付いた。

 

自分の酒を人に飲んでもらって、後からその品評を聴いて、それを是が非でもそうだとしてしまう、

 

いわゆる人真似をしていた、と言っています。

 

そこから脱出するために、「自己本位」になると決めたようです。

 

その時、私の不安は全く消えました。

 

私は軽快な心をもって、陰鬱なロンドンを眺めたのです。

 

比喩で申すと、私は多年の間、懊悩した結果ようやく自分のツルハシをガチリと鉱脈に掘り当てたような気がしたのです。

 

なお繰り返していうと、今まで霧の中にとじ込まれたものが、ある角度の方向で、

 

明らかに自分の進んでいくべき道を教えられたことになるのです。

 

「自己本位」を決めても、その後、すべてが順風満帆というわけではなかったようですが、

 

心が明らかに変わったようです。

 

自分の方向性が見えない、という相談も多いものですが、

 

自分のためではなく、人のためにばかり頑張っている、という場合が多いです。

 

最初はそれでも良くても、段々と何のために生きているんだろう・・・と思ってしまうのですね。

 

頼まれたから、とか、何となく流れで、という理由で物事を選んでいては、必ず行き詰まってきます。

 

自分がしたい、という理由がまず根本にないと、ダメだなあと最近思っていたところでした。

 

他人本位から、自己本位へ。(もちろん、周りに迷惑をかけず調和する前提での、自己本位です)

 

根っこを生やす生き方をしなさい、と言われているような感じがします。

 

ところで、「坊ちゃん」は、たしか最後に同僚の先生を殴って、学校もやめて、清々しく東京に帰っちゃうのですが、

 

これを読んだあとに、坊ちゃんって、究極の自己本位だったのか・・・!と思いました。

 

夏目漱石の理想の姿なのでしょうね。

 

「坊ちゃん」に、「清」という名前の女中さん(多分、お手伝いさんかな?)が登場しますが、

 

いつも坊ちゃんのことを褒めていて、坊ちゃんが東京に帰ったときも泣いて喜びました。

 

清さんのように、後ろで信じて見守っている人がいれば、力をおもいっきり出せますね。

 

でも、誰かに見守ってもらわなくても、自分が自分のことを優しい目で見守ってあげれば良いと思います。

 

自己本位って、つまるところ、自分をもっと信じろという意味に受け取りました。

 

先日のリーダーシップコースを受けてみて、

 

良い意味で「自己本位」に移行できそうな気がしました。

 

自分のやりたいことをして、なおかつ、それが社会の役に立てられれば、

 

持っている力を出せそうです。

 

自己本位になった時に、自分が本当に欲しいものも手に入りそうです。

 

「私の個人主義」は、AmazonののKindleで無料で読めますよ。

 

LILY IN THE FIELD

 

 


comment
コメントする