リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆6月スケジュールです☆
お休み
6月6日(火)・13日(火)・20日(火)・27日(火)
午後から営業(午前お休み)
6月9日(金)・12日(月)
☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
6月24日(土)12時〜18時
6月25日(日)12時〜18時

LDPセミナー・6月18日(日)10時〜12時
人を変える魔法・6月18日(日)13時〜15時

一色真宇先生・グループセッション
6月30日(金)17時〜19時・19時30分〜21時
一色真宇先生・現象学1
7月1日(土)10時〜17時
7月2日(日)10時〜17時
一色真宇先生・インナーチャイルド療法
7月1日(土)18時〜21時

ホームページはこちら

伊勢への旅・イントロダクション

2013.11.05 Tuesday
JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログの旅行・伊勢編はまだなんですか?と聞かれる事も多くなってきたので、少しずつUPしていきますね☆
お付き合いください.
 
出雲大社で古い自分に終止符を打ち、伊勢神宮でまた生まれ変わる。
・・・という事を信じて、10月は神社参拝に情熱をかけてきました。
自分をリセットするのも大変な事です。
「はい、リセット」と、自分に言い聞かせて切り替えられればいいのですが、それが出来ないので旅行に行くことにした、という訳です。
前回の出雲旅行では、交通手段を考える段階で結構大変で、
何が何だかわからないままとにかく前へと進み、
帰りは、台風が迫って来る〜!と予定を繰り上げてすっ飛んで帰ってきて、
これぞまさに弾丸旅行という経験をさせていただきました・笑
わたしらしいといえば、わたしらしい。。
でも、出雲の神様のエネルギーを感じられたので本当に良かったです。
ある本を読んでみると、日本人は昔、大和族(伊勢は大和)と、出雲族に別れて戦ったという歴史があるとか。
本当かどうかわからないけど、これはすごい話だと思い、何人かスピリチュアル好きな人に、この話は本当なんでしょうかねと聞くと、
そうですよ、とあっさり言われ、
その中で、「わたしは大和の方だったみたいです」とあっさり言う方も2人いて、えー!!とビックリしました。
旅行前からかなり気分は盛り上がりました。
旅行後に調べてみると、
九州の方は、大和族(天津神)
島根、山陰地方の方は、出雲族(国津神)
という傾向があるとありました。
うちの家系は宮崎です。つまり大和族?
だから、出雲旅行の時にはまるで追い返されるように帰ったのかしら・笑
伊勢旅行の前日、神社の多さにどこに行っていいのか悩み、
タロットで、どこに行くべきなのか教えてください、と思ってカードを切ってみると、
こんな風に出ました。
まず、「月」のカードに、あっと思いました。
確かガイドブックに、月夜見宮(つきよみのみや)という神社があった!(ロマンチックな名前ね、って思っていたのでした)
これは行ってごらんと後押ししてくれているのでは?!
ガイドブックで月夜見尊(つきよみのみこと)を調べると、月を読む、暦を意味する為農業の神様、海の守護神、と書いてありました。
また、占いの神様ともいわれるそうで、これはわたしは必ずお参りしてこなくては!と思いました。
わたしは無知で、月夜見尊を女性と思いこんでいたのですが(日本の神様カードの月読命のカードの絵が女性だったため)、ガイドブックを読むと、月夜見尊は天照大神の弟の男性の神のようでした。
上のカードのキングは、月夜見尊を表すのでしょうか。
また、一番左のカードを見ると、何らかのメッセージがもらえそうです。
右の「世界」のカードは完成と終わりを表しますが、逆位置です。
ピンと来たのは、中心から外れた場所にある神社では?と思い、またガイドブックで調べると、月夜見尊を祀っている神社は2つあり、
月讀宮(つきよみのみや)
月夜見宮(つきよみのみや)
と、あるようです。
漢字は違いますが、両方とも月夜見尊を祀っています。
月讀宮(つきよみのみや)は、内宮から2キロ離れた場所。
月夜見宮は、外宮で唯一、宮域外にある別宮、と書かれていて、この事か!と思いました。
やっぱり、場所がちょっと外れていますね。
深読みすれば、更に色々と読み解けるので、推理をしながら、せっせと荷造り。
もっちはいつまで経っても宿題が終わらず、夜遅くまで宿題と荷造りで苦しんでいました。
2人でなかなか眠れない夜を過ごし(この事が後々旅行で影響しました・・・)早朝、まだ暗い中、宮崎空港に向かって出発しました。
続く・・・
LILY IN THE FIELD

comment
コメントする