リリーインザフィールドのブログへようこそ。
2月4日に移転しました。
新住所は、
宮崎県児湯郡高鍋町大字上江8100−3 2F
です。
対面コーチングは9時〜15時までの受付とさせていただいております。
お電話でのコーチングは9時〜19時までの受付です。
ホームページはこちら

フランス紀行・②

2015.06.09 Tuesday

フランス紀行①の続きです。

「よし、フランスに行くどー!!」と、3人話がまとまり・・・

旅慣れたミルコお姉さんに教えてもらったサイトが、

「トラベルコちゃん」と、「クラブツーリズム」。

このサイトの旅行のお値段は、めちゃくちゃ安いです。

ヨーロッパってこんなに安くで行けるんだ、と驚きました。

航空会社も様々紹介されています。

チャイナエアラインのプランなんてとんでもなく安すぎて、飛行機が墜落しないだろうか・・・と心配になるぐらいのお値段でした(ミルコお姉さんは、チャイナエアラインは昔は色々あったけど、今は割と大丈夫とおっしゃっていました)

ヨガ仲間のJさんからも、全日空でもいいし(国内の宮崎ー羽田の飛行機代もセットで取ると安くなるらしい)エールフランスでも安くていいんじゃない?と教えてもらっていたので、エールフランスを考えていました。

そんな中、妹が何やら体調が悪いそうで、ずっと咳をしている。

会社も休んでいるようで、そんなに咳してて大丈夫?と言っていたのですが・・・

とうとう妹が、「ごめん、風邪で会社いっぱい休んじゃったから、フランス行けない」

と言い出し、えー!!!そうなの?!と、振り出しに戻りました・・・。

友達にも、「フランスに妹が行けなくなったけどどうしようか、もうルルドは諦めて、パリのツアーにしようか」と話していたのですが、友達の方は、もう旅行は秋にした方がいいんじゃないのかということを言い出しました。

わたしとしては、5月下旬だったら特に予定もないし、みんな5月のパリはすごく素敵、と口を揃えておっしゃるし、5月に行きたい・・・。

秋になったらまたスケジュールも変わるかもしれないし、どうしよう・・・。

いつものわたしなら、もう旅行はいいかなと諦めたところですが、フラクタル心理学の松岡先生と電話でお話した時、ついでにこの件をお話したところ、

「いつもエネルギーを出さずに諦めてきたみたいだけど、もうそんな自分が嫌になったんじゃないの?」と言われて、泣きそうになりました。

大変な事(今回は海外旅行ですね)に取り組む、という事が面倒な自分がどこかにいて・・・

旅行を諦める方向に行くよう、自分が「障害」を現実化していたようです。

妹が風邪を引いたのもそうだし、友達が秋に行こうよと先延ばしにしようとしたのもそうだし・・・

あと、紹介していただいた他の通訳の方にもメールを送ってみたのですが返事がなく、連絡が取れなくなっていました。

これら全ての障害が、実は、自分の「怠けグセ」が現実化させてくれていたのです。

深層意識って怖いですね。

いまこそ、自分の思考を変えなくては・・・と、

「絶対に5月中にはフランス行きます。何があっても」

と決めました。(自分の深層意識に命令すると、現実世界が変わっていくのです)

友達にも、わたし1人でも5月にフランスに行くから、と伝えました。

怠け癖、先延ばし癖、これを放置すると大損します。




「5月にフランスに行きます!」と宣言したものの、その後、わたしは特に何か行動するって訳でもなく・笑

いざとなればトラベルコちゃんの「ファイナルコール」のギリギリ日程のパリツアーに申し込もうぐらいに軽く考えていて、いつも通りの日々を過ごしていました。

そんな中、友達が実家のお母様に電話をして、フランス行の話をしていたところ、たまたまお母様の家に遊びに来ていた親戚の方が、

「フランスなら、親戚のNさんがいたはず」

とおっしゃったそうです。

そのNさんとは・・・フランスに30年ほど住んでいらっしゃる日本人の方で(奥様も日本人)、フランス語の通訳を探しているならNさんに聞いてみたらいいんじゃないかしら?と、早速、親戚の方が、Nさんのご実家に連絡を取ってくださったようです。

すると、Nさんがいまちょうどお仕事の休暇中で、5月中に日本に帰国して宮崎にもいらっしゃる予定で、

Nさんが、「日本に帰国した時にフランスの事を話してみませんか?」との事で。。すごい偶然!!とビックリしました。

おまけに、友達がNさんにメールをしてみたところ、Nさんは今ちょうど休暇中で、パリなら僕が案内しましょうか?という申し出があったそうで、

すごいっ!!もう通訳さんが見つかった!と、またビックリでした。

Nさんはフランスの企業にお勤めされているのですが、フランスでは有休をしっかり消化しないといけないらしく、フランスの皆さん、約3週間ほどの長い休暇を取らされるそうなんです(休みは強制だそうです。羨ましい限り)

その1年に1回の3週間ほどのNさんの長い休暇の時期と、わたしたちのフランス旅行の日程がちょうど重なっていて、タイミング的にはバッチリでした。

深層意識に強く命令しておけば、ぼーっとしていても深層意識がこちらの命令通りの現実を作り上げ、環境を整えてくれるのですね。

これを身をもって経験しました。

現実に振り回されて、旅行をやめたり、秋に延ばさなくてよかった・・・と心から思いましたよ・笑

決断したらサクサク決まっていきます。

この調子で、結婚も決めてしまえばいいのですが・笑

実は・・・結婚したいなら諦めないといけない事があったのです。

週末の心理学セミナーをもう一度聴いていて、「ああ、そうだった・・・・結婚するならこれを手放さなきゃいけなかったんだ」と思い出し、うーんと悩みました。

まだ結婚の方は葛藤が多くて・・・とても宣言出来ません・笑

無事、通訳&案内の方は見つかったので、あとは航空会社ですが。。

ちょっとだけ値段が高かったのですが、ANAにしました。

ANAだったらフランスまでの直行便なので途中で降りなくていいし、日本の航空会社なので、日本語が通じて安心です。

値段的にはそこまで高くはなかったのですが、成田発だったというのがちょっと誤算でした。

羽田から成田までの移動時間がロスです。

ここだけウッカリしていましたが、わたしは成田空港にも一度行ってみたいなーと思っていたので、これもある意味、願いが叶ったといえます。

まあでも、はじめは引っかかってなかなか上手くいかなかったのですが、進みだすとトントン拍子ですね。

パスポートも受け取り、Nさんとも宮崎でお食事してお話して、またNさんが非常に気さくで面白い方で、みんな食事の間ずっと笑いっぱなしで仲良くなり(この食事会もフランス行きの2週間前に実現しました)

Nさんにわたしたちの行きたい場所もお伝えして、空港までのお迎えも約束出来ました(シャルル・ドゴール空港からパリまでちょっと遠いので心配だったのです)

途中、この旅行計画はどうなる事やらとハラハラしましたが、最終的にはどうにかこうにか収まり、安心しました。



雨の成田から出発です。

先日の土日のフラクタル心理学入門セミナーを聴いていて思ったのですが、

わたしは、ハラハラドキドキの映画が大好きなので、波瀾万丈大好きみたいです・・・。

いっつも色々な騒動があり、一波乱あった後に収束するのは、自分の深層意識がこのストーリーを望んでいるから。

波乱の後に上手く行くと、まるで逆転ホームランを打ったかのような達成感はありますが・・・もうヘトヘトです。

最後に逆転ホームランを打つんじゃなくて、最初から全力で取り組め!!と自分の深層意識に言い聞かせないと。

ハラハラしてばかりでは、とても身が持ちませんし、余計な体力も使うのでもったいない。

最初から頑張ればもっと有益な事が出来るのに、遊び疲れてそれを逃しちゃう可能性もあります。

「恋」が好きな人が、なかなか「結婚」出来ないのもこれなのかも。

次回は、本題のフランスのお話。

お楽しみに♪

LILY IN THE FIELD

 

comment
こんにちわ

今日の記事はとってもためになりました。
深層心理・・。
いろんな障害は自分が作り出している。やると、行くと強く決めたらきちんとうまくいくもんですね。いろんな本で言っていることですが今日はこの記事で腹に落ちました(^_^)/
  • なみ
  • 2015/06/10 9:49 AM
なみさん。

こんばんは。
コメントありがとうございます。
そうなんですよね、「現実は全て自分が創り出している事」と色々な本が教えてくれている事なのに、
「本当にそうなのかなー?」と信じられない部分がどこかにあります。
なみさんも試しに「絶対に◯◯する!」と宣言してください。
チャイルド達が働いてくれますよ♪

先生は深層意識を「ドラゴン」とも表現していらっしゃいましたが、
深層意識が整うと、ドラゴンが何でも言う事を聞いて、働いてくれるのだそうです。
自分の為にドラゴンが働いてくれるなんて、何か想像するだけでワクワクしますね☆
  • LILY IN THE FIELD
  • 2015/06/10 9:28 PM
コメントする