リリーインザフィールドのブログへようこそ。


お休み 4月8日(土)・9日(日)・22日(土)
☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・リーダーシップコース(全2日間) Taizan先生
4月8日(土)9時30分〜20時30分
4月9日(日)9時30分〜17時30分

ミニセミナー「面倒くさいを克服する」Taizan先生
4月7日(金)19時30分〜21時30分

フラクタル心理学・中級セミナー(全6日間の残り4日間)
松岡安代先生
・4月15日(土)10時〜19時
・4月16日(日)10時〜19時
・4月29日(土)10時〜19時
・4月30日(日)10時〜19時

ホームページはこちら

出雲大社の思い出。

2014.09.22 Monday

今日、県外からいらっしゃったお客様のお話。

最近、出雲大社でお参りして来られたそうです。

その際、出雲大社のそばのお店に立ち寄った時に、そこで働いていらっしゃった方に「どちらからいらっしゃったのですか?」と話しかけられて、ちょっとお話したら、

実はそのお店の方とそのお客様は、同じ地元の出身だったそうです。(島根から遠い県の方です。おまけにその従業員さんは、島根のお店には1ヶ月だけ助っ人でいただけで、その日が最終日。明日からまた元の店舗に戻る事になっていたとか)

色々と話していくうちに、2人は学生時代、同じ部活だったという事がわかり、「もしかして◯◯先生の事知っています?」と聞いたら、「わたしその先生に習った事がありますよ!」と言われて、お互いにとても驚いたそうです。

地元に帰って、その出来事を友達に話したところ・・・

その友達が、「えっもしかして・・・」と言い出し、よくよく話すと、友達までそのお店の方を知っていたという。。それも、お友達は、昔、知り合いの結婚式でそのお店の方と会った事があったそうです!

地元から遠い島根県で。。。実に不思議な縁のお話でした。

お客様は、「これが縁だよっていうのを神様が教えてくれたのかなーと思いました。」とおっしゃっていましたよ。

最後、お友達が、「お店の人と結婚式で会った事がある」というオチが、いいですね。

きっと、出雲の神様が、「こんな不思議な偶然の積み重ねで結婚相手に必ず会えるよ」というメッセージをくださったのだろうと思います

わたしも、昨年の秋に出雲大社に行きましたが、もうすぐ1年になります!

さきほど、以前のブログの出雲大社の思い出を読んだけど、とっても懐かしーい!!

文章と画像を貼付けておきますので、もし出雲に行ってみたい!という方がいらっしゃったら、良かったら参考になさってくださいませ。

これは出雲大社・前編です。(後編もありますので



 先日、出雲大社へ行って参りました。

宮崎から出雲までは、本当に交通手段が不便で、ルートにはかなり悩みました。
 
一番早いのは、飛行機で福岡まで飛び、再び福岡から出雲空港まで飛ぶ、というプランですが、福岡から出雲までの区間は便数が少なく不便で、料金も高くて今回は断念。
 
となると、陸路をどう行くかです。
 
1.まずは、宮崎から熊本まで車で行く。
2.熊本からは新幹線に乗り広島で降りる。
3.広島からレンタカーを借り、島根まで運転。
 
これが、色々と考えた陸路の選択肢の中では、一番かかる時間は少なかったし、まあ交通費もレンタカー代も含め計算したら納得出来る金額だったので、このルートで行く事に。

どれだけGoogleマップにお世話になったか。。というぐらい、暇さえあればGoogleで経路検索しました。

広島駅近くのレンタカーのお店のお兄さんがとても親切で、松江自動車道という今年できたばかりの新しい道路があることを教えてくれたので、そこを利用して割とスムーズに島根につきました。

とはいえ、新しい道がまだナビに出てこなくて地図を見ながらでしたが、教えてもらって本当に良かったです。

宮崎を出て、島根到着まで8時間弱はかかったと思います・・・。

それだけでも修行させていただいたって感じ。

結婚するには気力・体力・忍耐力と智恵が必要ですね。

島根についてまずは、大急ぎで八重垣神社へ向かいました。(到着が夕方だったので)

こちらには、占いの池があるのです☆

神社の社務所に占いの紙が売っていて、それを1枚買います。

少し歩いて、占いの「鏡の池」がある場所へ。

その紙を池に浮かべて紙の真ん中にコインを置いて、どのぐらいの時間で沈むか、どこで沈むか
で結婚を占うのです。


到着した時には、もう池周辺は真っ暗でした〜。

池の中をのぞくと、白い紙(占いの紙)がいっぱい沈んで溜まって、ゆらゆらと揺れていて、幻想的でした。

池に行くと、うっすら見えるかなと思いますが、どなたかの占った、沈まなかった紙がプカプカ浮いています。

沈まない紙もあるんだ!!と内心不安に。(紙が沈むまでの時間で婚期をはかるのです。沈まないって事は結婚出来ないのでしょうか)


紙を水に浮かべると、字が浮かんできました。(後でよく見ると、これはわたしのではなく一緒に行ったお友達の紙でした。お友達の紙は沈むのにちょっと時間がかかり、ドキドキしたものです。あ、いまだに2人とも独身ですが・・・

さて、沈むまでの時間ですが。。

わたしの紙は、1分も経つか経たないかのうちに、あっという間に沈んでいきました。

沈む場所にも意味があるようで、紙が自分から離れて、向こうに行って沈むと遠い地域の人と結婚するとか。

 

八重垣神社の入り口。

小さくて可愛らしい神社で、

宮崎の西都にある、コノハナサクヤヒメ様の都萬神社を思い出しました。

何だか、優しい雰囲気もあり、旅の疲れからホッと一息出来ました。

また、もう一度ぜひお参りに行きたいものです。

もっちと一緒か、未来の旦那様か。。

それとも3人で?!と妄想は膨らみますが、今回はこの辺りで。

ここまでで終わり☆


うちのお客様で、わたしのブログを読んで出雲に行かなきゃ!と行かれた方で、結婚しちゃった人が2人います。(わたしが知っているだけでですが。もしかしたら他にもいらっしゃるかもしれません)

それも、急展開の電撃婚。

縁があれば、出会って結婚まで、たった数ヶ月で出来ちゃうのね、と驚きましたよ。

わたしも、もう一度、本当に真剣勝負で気合いを入れて出雲に行くべきか・・・。

それではまた、明日島根旅行の続きをUPしますね〜

LILY IN THE FIELD




comment
コメントする