リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆6月スケジュールです☆
お休み
6月6日(火)・13日(火)・20日(火)・27日(火)
午後から営業(午前お休み)
6月9日(金)・12日(月)
☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
6月24日(土)12時〜18時
6月25日(日)12時〜18時

LDPセミナー・6月18日(日)10時〜12時
人を変える魔法・6月18日(日)13時〜15時

一色真宇先生・グループセッション
6月30日(金)17時〜19時・19時30分〜21時
一色真宇先生・現象学1
7月1日(土)10時〜17時
7月2日(日)10時〜17時
一色真宇先生・インナーチャイルド療法
7月1日(土)18時〜21時

ホームページはこちら

愛と欲望

2014.09.18 Thursday

JUGEMテーマ:スピリチュアル

うちでは細々とタロットスクールをしていて、生徒さんは、タロットに関してメールで質問してもOKとしています。
(生徒の皆様、もし自分でタロットをみて分からない時にはメールしてくださったらお答えしますからね)

ブログでも、もっとタロットの事を載せてほしいとのご要望にお応えして。。(ろくでもない内容ですみません・・・) 

ブログを読んでくださっている皆さまの為に引いてみました。


6「恋人」
選択

15「悪魔」
欲望

この2枚のカードは、3人の男女&天使、悪魔が三角形に並び、同じ配置になっていますね。

下の男女は、聖書に出てくるアダムとイブです。

左の「恋人」のカードは、まだ楽園にいるアダムとイブ。

よーくみてください。

女性の後ろには、智恵のりんごの木と、イブをそそのかした蛇がいますよ。

恋人のカードは、このカードが占いで出てくると、恋愛が上手くいく!という風に思われていますが、実は、このカードの大きな意味は「選択」なのです。

男性が顕在意識、女性が潜在意識、上にいる天使が超意識を表す、とされています。

男性が女性を見て、女性が天使を見ている、その視線もポイントです。

つまり、顕在意識が潜在意識に通じ、潜在意識が超意識に通じるという事は、

「正しい選択」が出来る、という意味になるのです。

正しい、と言いきると何をもって正しいと言えるのか、とちょっと疑問が出てくるので、

まあ、今の自分にとってベストな選択が出来る、と考えてもいいのではないでしょうか。

また、古代ヘルメス主義では、全てのもの(もちろん人も)には、男性性と女性性があるとされています。

男性性は、「I」と表現されますが、外に向かうパワー。

女性性は「ME」と表現されますが、内側に向かうパワーです。

男性性のIは、欲求、目標に立ち向かう行動力、

女性性のMEは、感情、インスピレーションです。

どちらがいいという訳ではなく、どちらもバランス良くないと上手くいかず、「内なる子ども」が生まれてきません。

恋人のカードは、男性性、女性性のバランスを取る、という意味もあるのだろうと思います。

男性でも女性でも、女性性が強い時には、いつも受け身で、与えられるのを待ち、自分の気持ちを表現する事が出来ません。

犠牲者を演じる時には女性性が強くなっている、という事です。(本当の意味では犠牲者なんていませんが)

そういう時には、男性性を強くするために、何か目標を持ち、それを実行する強い「意志」を持つ事で、バランスが取れてクヨクヨしなくなります。

次に、「悪魔」のカードですが、「恋人」では天使が上にいたのに、今度は、コウモリの翼と山羊(やぎですよ〜やまひつじと読む生徒さん続出です・笑)の顔を持ち、鳥の足の、半分人間、半分獣の悪魔が出てきます。

悪魔は、何でこんな小さな台に窮屈そうに、乗っかっているのでしょうか・・・。

タロットは、絵の中のヘンテコな部分から潜在意識に訴えるカードなので、「変なの」と思ったあなたが顕在意識がクリアで、潜在意識が浮かび上がってきているという事ですよ。

今度のアダムとイブは、しっぽが生え、首に鎖が巻き付けられています。

しっぽが生える、というのは、自分の中の野性的な本能に囚われている、という事です。

悪魔は、恐ろしいカードと認識されていて、出た時に「こわい」とよく言われるのですが、決してこれから悪い事が起こる、と預言しているのではありません。

いま、自分の中にいる「悪魔」に光を当てなさい、というメッセージかなと思います。

人間誰しも、悪い考えや欲望に囚われる事があります。

働かずに楽が出来たらいいのになあとか(あ〜トム・クルーズがお父さんならなーというコントを思い出します)、ダメだと分かっていてもついつやってしまうこと、酒、煙草をやめようと思ってもやめられない・・・

人間「魔が差す」事は多々ありますが、そういう時に、自分でも知らなかった、自分の心の中の「魔」の部分を認識して、呆然とするものです。

嫌な自分を見つめ直す、つらーい作業が「悪魔」だと思います。

また、「悪魔」のカードに、ENERGY(エネルギー)というタイトルをつけたタロットカードもありますが、悪魔は、破壊、執着する、夢中になりすぎる、という意味もあります。

異常に何かにのめりこむ、というのも悪魔のパワーですね。

そういう時って尋常ではないパワーが出るものです。

悪魔のカードでは、悪魔のご主人様に仕えるアダムとイブですが、実は首の鎖はゆるいので、いつでも逃げる事が出来ます。

そういえば、映画のもののけ姫をみたとき、アシタカが「タタリ神」に呪いをかけられたシーンがありました。

その時、人間を祟る存在にまで、「神」がついているのが不思議、と思っていたのですが、

西洋の堕天使ルシファーも元々大天使ですからね。

実は、ルシファーは神に逆らい敗北して天から堕ちたのではなく、神の叡智を人間に伝えるため自ら人間界にやってきた、とも言われています。

それを思うと、悪魔も、悪い奴め!とみるのではなく、自分の悪魔のような悪い部分を見せてくれる存在だったり、試練を与えて成長されてくるとみてもいいのかもですね〜。

今日は、自分の行動の動機を、「愛なのか、欲望なのか」

と問いかけながら過ごしてみようと思います

いつもブログをみてくださった皆様も(生徒さんじゃなくてもOKです)何かご相談があれば(ブログ上で匿名で紹介してもよろしければ)

メールでも、コメントにでも書いてくださったら、タロットで簡単にお答えしますので。

どうぞご相談、質問、お待ちしております

LILY IN THE FIELD

comment
コメントする