リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆8月スケジュールです☆
お休み
8月4日(金)5日(土)6日(日)
午後から営業(午前お休み)
なし
午前のみ営業(午後お休み)
なし

☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
8月12日(土)12時〜18時
8月13日(日)12時〜18時

<2時間ミニセミナー>
人を変える魔法・8月26日(土)10時〜12時
勉強が好きになる・8月25日(金)19時30分〜21時30分
LDPセミナー・8月26日(土)12時30分〜14時30分
ビジネスマインドコース・8月26日(土)15時〜17時30分


ホームページはこちら

鵜戸神宮&青島はだか参りの思い出。

2016.01.13 Wednesday

婚活塾の次の日は、

長迫先生をお連れして、朝早くから宮崎観光案内♪

先生は午後にはもう帰らないといけないので(わたしも午後仕事だったので)、

午前中だけさっと遊びに行こうということに。

先生が、鵜戸神宮に行ってみたいわ〜とおっしゃっていたので、お連れしました。

わたしは鵜戸神宮には、お正月に来ましたが、

元旦から1ヶ月も経たずにまた来て、どれだけ鵜戸神宮が好きなのでしょうか・・・。




一番の目的は・・・運玉投げです・笑




願掛けして必死で投げる先生。

運玉は100円で5個もらえます。

そして、上の画像の丸い穴の中に投げて入れるのです。(入ったら願いが叶うと言われます)

先生には、運玉を入れて願いが叶ったお友達がいるそうで必死の形相です。

先生、1投目がばっちり入ったのに、

ポーンとバウンドして跳ね返り、海の中に落ちました・・・笑

わたし的には、それでもOKな気もして・・・すごい!入ったじゃないですかーと言ったのに、先生は納得いかないようです。

せっかく日南まで来たので、入れて帰りたいのでしょうね。

「先生、運玉は何個でも買えるから大丈夫です。ずっと投げてたらいつかは入りますからね」

と励ますと、

「そうね!!そうね!!とにかく入れればいいんだから!!」と力強くおっしゃる先生。

そうなのです。「ああ、わたしのは入らなかったわ」と諦めたらいけません。

1000円もあれば運玉が50個も買えるので、絶対にいつかは入りますよ。

そういえば、もっちが言っていましたが、うちのお母様は以前、5個投げてすべて入ったそうで、

「そんな人がいるわけ?」と自分の親ながらにビックリしました。

わたしは、2投目に入りましたが。。。

先生は結局、最初の5個では運玉が入らず、再度5個購入して投げて、何とか入りました。

これはどういう意味でしょうね〜と話しながら帰りましたが、

先生は「色々と体験したいタイプ」と、フラクタル心理学の他の先生に指摘されたとおっしゃっていました。

だからすんなり入らないのか。

すんなり入ったら面白くないからドラマを作っちゃうのですね。

韓流ドラマ好きにはこういうタイプ多そう。

運玉ひとつにしても分析できちゃいます。

その後は、青島神社も有名だから行ってみましょうかと駐車場探しをしていると、

周辺がすごーくにぎやか。

一体なにがあるの?と思っていると、駐車場のおばちゃんが、

「まだ間に合うから早く行きなさい!!」とおっしゃるので、

「一体今日は何があるんですか?」

と聞いたら、今日は祭なのよ!!と。

何の祭かしら、と慌てて行ってみると、裸の人がいっぱい。



青島神社の毎年恒例の裸参りの日でした〜。

後で知りましたが、400人ぐらい参加されていたそうです。



これがあの裸まいり!!

テレビではよく観てましたが、実物を見てしまうとは!!

先生に、

「昨日の婚活パーティーの男性がこの中にいそうですよね〜」

と言いながら2人で見ていたら、

何と、知り合いの男性を発見!!

声をかけたら振り向きそうな近い距離にいたのですが、でも相手は裸だし。

ご迷惑だったら悪いので、声をかけるのは控えておきました。
(後で、青島でお見かけしましたよ、お元気そうで何よりです(お元気ですか?と聞く必要もないかと思って・・・)とメールしたら、声をかけてくれたら良かったのに!とお返事いただきました・笑)

裸参りの皆さんが海に入り、きゃーとか、わーとか歓声が上がっているのを聞きながら、

「先生、これは、わたしたちに、もっと元気をだしなさい!というメッセージでしょうか」

と聞くと、

「そうね!エネルギーが足りなかったのかもね!」

とおっしゃっていました。

それにしても、裸参りはすごい迫力。

裸って人間の原初のエネルギーが出るのでしょうか。

おじいちゃんでさえ頑張って参加されていたので、わたしももっと頑張なくちゃと思いました・・・。

さすがに、「来年裸参りに参加するぞー!!」

・・・とまでは思いませんが、あのエネルギーを他の事に発揮しようと思います。

その後は、宮崎市内に戻ってランチを食べようということになり、

先生に、「茉莉花ってお店を予約しました」

というと、

「池田さん!!本当にお祭り好きねー」

と言われました。

一瞬「?」となりましたが、はっと気付いて、先生その祭りじゃないですよ〜とかなり笑いました。

茉莉花(まつりか)→祭りか

先生とずーーーっとしゃべりながら、ドライブ。

先生のダメンズの認識と、ほんまもののダメンズが大きく違っていて、

これにはわたしも黙っていられず、本当のダメンズというものが、どんなものかを教えて差し上げました。

先生のおっしゃるダメンズは、全くダメな男ではありません!むしろ良い人じゃないですか?!と言ったら、

えーそうなの!!とビックリされていました。

先生が婚活中に出会った男性のレベルは高いようです。

ということは・・・逆に、婚活とかお見合いで出会う男性は、割と安全なのかも!!ということにも気付かされました。

こんな話をしていたら、あっという間に宮崎市内に到着。



茉莉花では、鏡開きをしましたと、サービスでぜんざいをもらいました。

先生と2人でごはんを食べながら、前日の婚活パーティーについての反省会。

先生のイチオシ男性を聞いてみたところ、二次会に誘ってくれた男性でした。

実は婚活パーティーが終わって、先生と皆さんとホテルのロビーをブラブラしていたら、

その彼が声をかけてくださって、二次会に行く事になったのです。

あの時も先生は、「彼なかなかやるわね!」とこそっとおっしゃっていましたが、

ランチの時にも、「彼はいざって時にはちゃんと力を出せる強い方よ」

とずっとおっしゃっていました。

今回の婚活パーティーでは、実はあまりマッチングしませんでした。

惜しいなーというのもあったんですけどね。

そこで思ったのは、みんな、自分の思い描く理想とする男性と、本当にピッタリの男性は違うのかもしれないなーと。

でも、長迫先生のおっしゃるように、沢山の方に出会う事で、段々と自分に合う男性が分かってきて絞れてきます。

わたしも、優しい人がいいなーとずっと思っていましたが、優しい人って優柔不断じゃないの!とやっと気付きました。

わたしはグズが嫌いなのですが、優しい人ってたいがいグズなんですよね・・・。

決断力のある人は、コワモテな雰囲気の人が多く敬遠していましたが、いやいや、わたしはこっち系統が本当は好きだったかーと最近気付いてきました。

自分の成長で、好みも変わってくるし、

相手に高望みをするのなら、まずは自分がそれなりのエネルギーを出さないと、

エネルギーレベルの高い男性は手に入らないということもよく分かります。

エネルギーレベルの高い男性は、キラキラしていて素敵ですが、自分もキラキラしていないと「本命」として相手にされないんですよね。

何事も行動しないと何も始まらないし、

行動して壁にぶつかって、ああダメかーとめげたりくさくさしてストップするのも、非常にもったいないです。

婚活塾でも、「行動すると必ずへこみますからね」と先生がおっしゃっていましたが、その通りです。

今回、婚活塾と婚活パーティー、両方とも参加してくださった女性から御礼と感想のメールをいただきましたが、

わたしは何もせずにいたら後悔すると思っていて、今回参加出来ただけでも自分が前進したと思います。
またよろしくお願いします。

と感想を送ってくださって。

彼女が「自分はよくやった!」と褒められたなら、

それだけでも本当に開催して良かったなあと思いました。

この、「自分を自分で褒められるようになる」の積み重ねで、人間的にまた新たな魅力出て来るのでしょう。

フラクタル心理学の阿形路子先生も、自分で自分を褒められるようにならないとダメなのよ、と上級セミナーで教えてくださいましたが、

一色先生が「トロフィーワイフにはなるな」とおっしゃっていたことを思い出し、この2つが繋がって、腑に落ちてきました。

全ての経験は意味があるなあと実感しています。

皆さんが色々と要望をくれるおかげで、私もお勉強になる事が多いですね。

色々と反省点も多かったですが、今後それを改善しながら次に繋げて、また面白い催しをできたらと思っています。

次のイベント開催も楽しみにしていてくださいね。

LILY IN THE FIELD

 

住吉神社へ。

2014.01.16 Thursday
 
今朝は、早朝からお正月のしめ縄や古いお札などを納めるために、神社へ。

数年ぶりにふと思い立ち、住吉神社へお参りしてきました。

すごーく寒くて、がくがくぶるぶる震えながら、手を合わせました。。。


だーれもいない。



こちらの神社には、元のマークがやたらついていますが、

全国にある住吉神社の本宮を称し、それを表す「元」がの紋が代々受け継がれている、と書いてありましたよ。由緒正しい神社なのです。


航海の安全の神様だからか、持って帰る為の砂が置いてありました。

漁師さんとか、お守りとして持っておくのかな?

鳥のさえずりが聞こえて、とっても清々しいさわやかな雰囲気。

航海の安全、疱瘡除け、無病息災の神社だそうです。

こちらでおみくじを引いてみると、今までに見た事のない壮大なお言葉が書いてあり感動。

「龍の風や雲を得て天に昇るように」という文章のくだりが良かった。

「恋愛」のところをみると、「一線を越えるな」で笑えましたが。

調子に乗るなって事でしょうね。

龍の風や雲、何だか素敵。

マヤ暦でも、赤い龍、という紋章があります。

マヤ暦を習ったとき、まずこの紋章の、赤い龍、白い風、青い夜、と続く紋章の言葉に、夢中になりました。

順番に読んでいくだけで、想像力を刺激されます。

わたしは、何だろうこの紋章って!すごい!と興奮して、

「この紋章ってすごくないですか?」と人に言っても、「はあそうですね」と能面のような顔で返されるだけであまり共感してもらえず。。悲しい・・・。

今週土曜日は、日南でマヤ暦講座の2回目があります。

時間が余ったら何をテーマにして話そうかな、と暇さえあればずっと考えていましたが、今日は満月って事で、やっとひらめきました。

「リリース」解放。

キャッチ&リリースではなく、リリース&キャッチ!

各紋章の、解放したところで得られる事。

それを皆さんに考えてもらおうと思います。

あと、生徒の皆様、宿題やっといてくださいねー。

LILY IN THE FIELD



初詣。

2014.01.04 Saturday
 
今年も初詣は鵜戸神宮へ。

ここ数年、鵜戸神宮が初詣の定番になってしまっています。

海も綺麗だし、お正月からいい気分ですよ。



今年は元旦から寝坊をしてしまい、出遅れたら。。

鵜戸神宮への道はとんでもない渋滞でした。

本当に神社までたどり着くのだろうか、と心配になりながら車で待っていたところ、

どこからか、「キェーーー!!!!!!」と叫び声が!

何事かと驚き、窓から外を見ると、

・・・猿!!

猿がいたのです。

山の上の方を何匹も走っていくのが見えて、

もっちに、「もーちゃん、ほら猿よ!!」と叫んでいたら、

一匹の猿が車に近いところまで降りてきました!!

「お母さん、いま猿と目が合ったから早く窓を閉めて!」

ともっちに言われて窓を閉めたらどこかに行ってしまいました。

後で、何でもーちゃんは窓を閉めてって言ったの?

と聞いたところ、猿は目が合うと襲ってくるそうなんですね。

目は合ったけど大丈夫でした。

宮崎では去年、猿に襲われる事件があったので、猿には気をつけないといけませんね。

鵜戸神宮の入り口に猿に注意とか立て看板に書いてあるけど、猿は初めてみましたよ。

お正月からかなりエキサイトしました。

次は、都農神社へ。

こちらも大渋滞。


すごい人・人・人で、お参りするだけでも一苦労です。

裏にも小さなお社がありました。



美脚になれるように、こちらでもお参りしておきました。


黄金色の御神輿が公開されていました!


帰り際、獅子舞に、歯をがち、がち、がちとしてもらいました。

獅子舞に頭を噛まれると頭が良くなる、とか魔除けになる、などと言われますね。

もっちは今年受験生なので頭を噛んでもらえば良かった。

もっちはおみくじが末吉で落ち込んでいましたが、どうしたら運気が上がるかを教えてあげました。

もっちの今年の心構えは、「感謝・感激・雨あられ」だそうです。


こちらの神社には公園もあり、なかなかいいんです。

あー清々しいわ、と思っていたら、前を歩いていたおばちゃんが、

「まあ池が汚い事!」とおっしゃっていて、

感じ方は人それぞれね、と思ったお正月でした。

LILY IN THE FIELD

☆1月のお休み
1月14日(火)、28日(火)

☆マヤ暦講座2回目(日南)
1月18日(土)13:30〜

JUGEMテーマ:スピリチュアル


伊勢旅行・4

2013.11.25 Monday

いよいよ、伊勢内宮です。

ホテルを朝早くに出発。

清々しい気分で、早朝参拝です。


おかげ横町はまだ開いていません。

早朝参拝の人がちらほら。


ファミマの、あのおなじみのグリーンの看板が木でした。

景観を意識しているのでしょうか。

色々と見ながら歩いているうちに、到着。


朝日がまぶしい。


いよいよ、宇治橋を渡って中に入ります。


鳥居があちこちに。

どこを撮っても太陽がまぶしい。


本当は、五十鈴川でお清めをするのですが、台風の影響で立ち入り禁止。

川の流れがすごく早くて、確かに危なかったです。



まずは正宮(しょうぐう)でお参りします。

外宮と同じく、やっぱり中は写せないとの事で、遠くから撮りました。

外宮と同じ白い布(みとばりでしたね)がひらひらと舞っています。

忍耐強く順番を待ち、中に立つと。。

そこは、ふんわりとても優しーい雰囲気。

よく来ましたね。と優しく出迎えていただいているような・・・

不思議とホッとします。

神社によっては、ちょっと恐ろしさを感じたりもしますが、ここはそんな事は全くないです。

守られている気持ちになります。

日本で一番の神様ってどんな感じかなと思っていたのですが、何だか想像と違っていて驚きました。

大らか〜な、大きな暖かい目で見守ってくれているようです。

これはあくまでもわたしの感じた事ですが(皆さん感じ方はそれぞれなので)

例えば、お母さんが赤ちゃんを産んで、生まれたての子どもに、

「何て可愛いの!生まれてくれてありがとう!」

と言っているような。。

自分が来たことを大歓迎してもらい、存在を100%認めてもらえる感じ。

存在そのものを認めてもらえたら、こちらとしても、

「産んでくれてありがとうございます。」

と伝えたくなりますよね。

そんな感謝の気持ちになるんです。

内宮では個人的な願い事をしないように、と、どんなガイドブックにも書いていますが、

言われなくても、現世利益的なお願いをする気にはなれないです。

お母さんに、

あなたは可愛い子ね、生きているだけでいいのよ、

と言ってくれているのに、

「お母さん、おこづかいをもっともっとちょうだい!」

みたいな要求は。。なかなか出来ないですよ・笑

相手が自分に何も求めず、愛情しかなければ、こちらも相手に何かを求める気になりません。

お母さん、おこづかいが欲しい時には、自分で頑張って仕事して稼ぐからいいよ、と思います・笑

「見守られている」そう強く感じる場所でした。

余談ですが、わたし伊勢神宮に行ってから、あまり「寂しさ」を感じなくなりました。

もちろん、今も何かあると、時々寂しさを感じるのですが、とてつもないどん底の寂しさや、死にたいほど辛い、という気持ちにはならないです。

元々まあまあ楽観的な(適当な?)ところがありますが、更にそれが増したというか・笑

いいんだか、悪いんだか分かりませんが、

背伸びせず幸せに生きていこう、という決意が出来たんですよね。

誰かに幸せにしてもらおう、とか幸せを探そう、幸せにしてあげよう、ではなく、どんな時も幸せに生きよう、と。

今は災害も多いし、これから環境もどうなるかわからないし、自分の身に何が起こるかは分かりませんが、

とりあえず、自分が幸せに生きる、と選択しておけばいいんだと突然降りてきたんですよね。

ああ何で早く気付かなかったんだーと今更ながらに思います。

そうなると、まず、真っ先に思った事が、

もう一切ダイエットなんかしたくない

でした・笑

人生に「ダイエット」を捨ててしまったら逆に、あれ、痩せました?!とよく聞かれるし(痩せてないけど)とても不思議です。

それから、わたしの事を、あなたもう少し痩せないとダメよ、と前々から言っていた人と久しぶりに会ったら、

あなた今のままでちょうどいいよ、十分魅力的よ、と初めて言われたのにも驚きました。

多分わたし、外見は前と変わりません。

違いは、髪が伸びたぐらいです。

でも、自分で自分の事を、ただ、「今の自分で良し!」と認めてから、周りの人の評価が変わってきたのかな、と思います。

よく、他人の事を真っ先に考えて行動しなさいとか言いますが、あれは違いますよ、まず自分なんです。

自分が上手くいけば周りも上手くいく、自分が幸せなら周りも幸せになるんです。

今までは強く生きたい、と頑張っていましたが、伊勢神宮で、わたしたちは1人1人、みんなちゃんと守られているんだ、と心から信じる事が出来ました。

力が抜けて、そんなに力一杯頑張らなくてもいいのかなーと思えるようになってきました。

もちろん、自分の行くべき方向への道に対しての努力は続けていきますが、人にどう思われる、とか、結果がどうなる、を気にしすぎず、

例えば、わたしの仕事であれば、いらっしゃった方が必ず、ああここに来てよかった、と思って下さるセッションが出来れば成功です。

どうしたら目の前にいる人がもっと幸せになれるか、その時に一生懸命、一緒になって考えていくだけでいいと思う事、でも上手く話そうとかテクニックは使う必要はないって事が、力を抜くって事なのかなと思っています。

やはり、ここは本当に伊勢神宮の神になった気持ちで(私たちは神様の分け御霊なので)、エゴを捨てて、愛情だけを相手に向けていかないといけない修行ですね。

もっちは、伊勢神宮参拝から一体何の気付きがあったのか気になるところですが、

彼女は飛行機で吐いていたのに、伊勢についてからすっかり身体の具合が良くなったので、やはりこれも不思議体験。

子どもには、心ではなく、身体でダイレクトに感じてごらんって事だったのでしょうか。

心が汚れてきたと実感したり、また安心した気持ちを味わいたい時、伊勢の神様に会いにいこうと思います。



新しい自分を発見したい時にはオススメです。

LILY IN THE FIELD



伊勢旅行・3

2013.11.20 Wednesday
 
だいぶん間が空きましたが。。。

次は、月夜見宮(つきよみのみや)です。

天照大御神の弟の、月夜見尊が祀られています☆




立派なご神木。



古くて静かなたたずまい。

外宮はとてもにぎやかでしたが、ここは静か。

ここで、ほっと一息つきました。

とても穏やかな気持ちに安らいでしまって、椅子でもあればのんびり座っていたかったぐらい。





立ち入り禁止区域の遠くに、ちょこんと小さな祠。

何だろう気になる〜。

お参りを済ませ、ここでお腹が空いた私たちはおかげ横町へ。

美味しいものたらふく食べて、腹ごしらえをした後、

いざ、次の二見興玉(ふたみおきたま)神社へ!

こちらは少し遠いので、またちょっとドライブです。

到着した時にはすっかり夕暮れ。

ロマンチックは雰囲気でした。(最初はね)



どこそこ、至る所にかえるちゃんがいます。

かえるは、猿田彦神のお使いだそうです。


台風の影響で海が大荒れで波がとても高い。

はじめはもーさんと、かえる可愛いね!とキャッキャしていたのですが、

歩いているうちに、あっという間に暗くなり、波の音も激しいし怖い怖い。


有名な夫婦岩(めおといわ)縁結びで有名なスポットです。

ガイドブックの写真の、のどかな雰囲気はなくて。。

これもまた怖い・・・。

夫婦は穏やかでいいときもあれば、大荒れの悪いときもある、という事を教えてくれているのでしょうか。


鳥居をくぐって、少し歩きます。

もう、本格的に暗いです。

途中歩いていたら、波の水しぶきがばちゃーんとかかり、もっちと、ぎゃーと叫びました。


すっかり暗くなった拝殿。

ここまで来ると、風がゴーゴー吹き、歩くのもやっとです。

マフラーが飛ばないようしっかり結び直し、お参りをさせていただき、さっと帰りました。

はー怖かった。

本当は、この二見興玉神社でまずお参りして、みそぎをするそうです。

穢れを取ってから、外宮、内宮と参拝するのがルールだという事でした。

今回は時間に限りがあって、ルートが前後がしましたが、もし行かれる方がいらっしゃったら、まずこちらから行かれてくださいね☆

次はやっと伊勢神宮の内宮です。

LILY IN THE FIELD

伊勢旅行・2

2013.11.09 Saturday
 
伊勢神宮は、神社の中では最高の位の神社、だそうです。
伊勢神宮の正式名称は「神宮」
外宮(げくう)、内宮(ないくう)、別宮にも、沢山の神社がありますが、その全部を「神宮」と呼ぶのだそうです。
・・・と、ガイドブックに書いてありました。
また、外宮から先にお参りするのがルールだそうですよ。
外宮の中にも神社もいくつかあり、お参りする順番もちゃんとあるようです。
ガイドブック通り、とりあえずまずは、外宮へ。
外宮は、豊受大御神(とようけのおおみかみ)がお祀りされています。
衣食住を司る神様で、内宮の天照大御神の食事を担当しているそうです。
↑画像左下の頭はもーさんです。
飛行機の中で吐いたのに、伊勢に入ったらすっかり元気になってしまって・・・伊勢神宮の神様がパワーを送ってくれたのでしょうか。
すたすた普通に歩いていました。
入ってすぐのところ。太陽がまぶしい!
しばらく歩くと、人だかりがあって何だろうと寄って見ると・・・
馬の人形かと思ったら、本物!
とても大人しくて全然動かないので、人形のようでした。
神馬にこんにちはとご挨拶です(後でガイドブックを見たら、順番としては最後のほうでご挨拶とありました。まずは神様にご挨拶をしなさいって事でしょうかね〜)
最初に、正宮でお参りしました。
新しくてとても綺麗です。
ここに、豊受大御神がお祀りされているのです。
近くから写真を撮ってはいけないので、遠くから撮りました。
真ん中に白い布がかけてあって、ふわふわ揺れます。
この布は何だろうと、帰って調べてみたら、御幌(みとばり)というそうです。
神の世界、わたしたち人間の世界との境界線で、一般の人が参拝出来るのは、御幌の前までです。
参拝したときに、ふわっとこの御幌が上がると、神様に歓迎されているそうですよ。
それにしても、あのふわふわととばりが揺れる不思議な雰囲気、
中に、高貴なお姫様がちょこんと座っているところを想像をしてしまいます。
外宮正宮でも、個人のお願いはせず日頃の感謝の気持ちを伝えておくこと、と書いてあったので、宮崎から参りました。いつもありがとうございます、とご挨拶。
こちらは、古い方の正宮。
こちらはこちらで、苔生して古びて、いい感じでした。
ロープが張ってあって一般人は中に入れないのですが、中でお参りをしているおじさんがいました。お金を払ったらそういう事も出来るそうです。
結局は金なのか・・・と複雑な気持ちになりつつ。。気を取り直して次へ。
階段を上がって多賀宮(たかのみや)へ。
荒御霊が祀られているので、とてもパワフルな神様。
階段までずらーっと人がいっぱい並んでいて大変でした。
こちらは、古い方の多賀宮。
前に並んでいた人が、ガイドさんをつけていたので、後ろでこっそりガイドさんの説明を聞いていました。
ガイドさんがおっしゃるには、ちょうど台風が来ていたので、私たちの行った日はキャンセルが沢山出たようです。
土日だけど、そういう事もあって周りやすいかもしれませんよとおっしゃっていました。
あと、今年は遷宮という事もあって、いつもの倍の観光客ですが、
でもそれだけではなくて、東北の地震がきっかけで、自分たちの思いではどうしようもない出来事を目の当たりにして、皆さんの意識が、神様に向かったのではないでしょうか、と優しくおっしゃっていました。
本当に、あの大地震がきっかけで、意識が大きく変わりました。
原発についても、次々と大変な事実が分かって今世間はとても関心を持っていますしね。
あと、いつ死んでもおかしくないんだという覚悟をするようにもなりました。
伊勢神宮では、自分の事より、今の生きている事に感謝する事と、繁栄を祈る、という事が大事と言われているので、皆さん、日本の平和、生きている事への感謝を伝えにお参りに来ているのでしょう。
それにしても、ガイドさんだけあって(多分、ボランティアの方と思いますが)、神様の説明だけではなく、ここから写真を撮るといいですよ、などと色々細やかなアドバイスをしていらっしゃって、いいなーと思いました。
わたしも今度来た時には、ガイドさんの予約をしなくちゃ。
土宮(つちのみや)
地主神と言われているそうです。他の別宮は全部南向きなのに、土宮だけ東向き。
こちらはまだ古いままです。
風宮(かぜのみや)
元寇の時に神風を吹かせて日本を守ってくれたという神様。
こちらもまだ古いまま。
多賀宮だけ大混雑でしたが、あとはスムーズに参拝できました。
ここで外宮は終了。
他にも亀石とか、不思議な三つ石もあり(ロープがあるのですが、みんなが手を入れて、石に手をかざしていました。風が吹いているように感じます)、きちんと調べていけばとても楽しめます。
次回は、外宮の別宮、月夜見宮(つきよみのみや)です☆
続きます。
JUGEMテーマ:スピリチュアル
LILY IN THE FIELD

伊勢旅行・1

2013.11.08 Friday
前回の続きです。 
 
空港に向かう車では、もーさんぐったり。
何かちょっと気分が悪い、なんて言っているし。
飛行機に乗ったら、吐いてしまいました・・・。
旅行中大丈夫だろうか・・・と心配しながらも、飛行機は関西空港へ到着。
関西空港から、次はバスで駅へ向かうのです。
40分ほどバスに乗るのですが、その間ずっとわたしの膝で寝ていました。
わたしはグーグー寝ているもっちに治れー治れーと念を送っていました。
もし伊勢でも具合が悪かったら病院に連れて行こう、と思っていたところ、
もっちは、眠ったせいか、バスから降りたらかなり顔色が良くなっていました。
大丈夫そうな感じ。
宮崎と違って非常に寒かったので、駅でもっちにダウンジャケットを買ってあげて、お弁当を買って特急に乗りこみました。
駅にいた「せんと君」に一同苦笑い。
特急に揺られて、やっと伊勢駅に到着しました。
駅のそばのレンタカー屋さんで車を借りて、いざ、伊勢神宮外宮へ。
続きます。
LILY IN THE FIELD

伊勢への旅・イントロダクション

2013.11.05 Tuesday
JUGEMテーマ:スピリチュアル
ブログの旅行・伊勢編はまだなんですか?と聞かれる事も多くなってきたので、少しずつUPしていきますね☆
お付き合いください.
 
出雲大社で古い自分に終止符を打ち、伊勢神宮でまた生まれ変わる。
・・・という事を信じて、10月は神社参拝に情熱をかけてきました。
自分をリセットするのも大変な事です。
「はい、リセット」と、自分に言い聞かせて切り替えられればいいのですが、それが出来ないので旅行に行くことにした、という訳です。
前回の出雲旅行では、交通手段を考える段階で結構大変で、
何が何だかわからないままとにかく前へと進み、
帰りは、台風が迫って来る〜!と予定を繰り上げてすっ飛んで帰ってきて、
これぞまさに弾丸旅行という経験をさせていただきました・笑
わたしらしいといえば、わたしらしい。。
でも、出雲の神様のエネルギーを感じられたので本当に良かったです。
ある本を読んでみると、日本人は昔、大和族(伊勢は大和)と、出雲族に別れて戦ったという歴史があるとか。
本当かどうかわからないけど、これはすごい話だと思い、何人かスピリチュアル好きな人に、この話は本当なんでしょうかねと聞くと、
そうですよ、とあっさり言われ、
その中で、「わたしは大和の方だったみたいです」とあっさり言う方も2人いて、えー!!とビックリしました。
旅行前からかなり気分は盛り上がりました。
旅行後に調べてみると、
九州の方は、大和族(天津神)
島根、山陰地方の方は、出雲族(国津神)
という傾向があるとありました。
うちの家系は宮崎です。つまり大和族?
だから、出雲旅行の時にはまるで追い返されるように帰ったのかしら・笑
伊勢旅行の前日、神社の多さにどこに行っていいのか悩み、
タロットで、どこに行くべきなのか教えてください、と思ってカードを切ってみると、
こんな風に出ました。
まず、「月」のカードに、あっと思いました。
確かガイドブックに、月夜見宮(つきよみのみや)という神社があった!(ロマンチックな名前ね、って思っていたのでした)
これは行ってごらんと後押ししてくれているのでは?!
ガイドブックで月夜見尊(つきよみのみこと)を調べると、月を読む、暦を意味する為農業の神様、海の守護神、と書いてありました。
また、占いの神様ともいわれるそうで、これはわたしは必ずお参りしてこなくては!と思いました。
わたしは無知で、月夜見尊を女性と思いこんでいたのですが(日本の神様カードの月読命のカードの絵が女性だったため)、ガイドブックを読むと、月夜見尊は天照大神の弟の男性の神のようでした。
上のカードのキングは、月夜見尊を表すのでしょうか。
また、一番左のカードを見ると、何らかのメッセージがもらえそうです。
右の「世界」のカードは完成と終わりを表しますが、逆位置です。
ピンと来たのは、中心から外れた場所にある神社では?と思い、またガイドブックで調べると、月夜見尊を祀っている神社は2つあり、
月讀宮(つきよみのみや)
月夜見宮(つきよみのみや)
と、あるようです。
漢字は違いますが、両方とも月夜見尊を祀っています。
月讀宮(つきよみのみや)は、内宮から2キロ離れた場所。
月夜見宮は、外宮で唯一、宮域外にある別宮、と書かれていて、この事か!と思いました。
やっぱり、場所がちょっと外れていますね。
深読みすれば、更に色々と読み解けるので、推理をしながら、せっせと荷造り。
もっちはいつまで経っても宿題が終わらず、夜遅くまで宿題と荷造りで苦しんでいました。
2人でなかなか眠れない夜を過ごし(この事が後々旅行で影響しました・・・)早朝、まだ暗い中、宮崎空港に向かって出発しました。
続く・・・
LILY IN THE FIELD

| 1/1PAGES |