リリーインザフィールドのブログへようこそ。

☆6月スケジュールです☆
お休み
6月6日(火)・13日(火)・20日(火)・27日(火)
午後から営業(午前お休み)
6月9日(金)・12日(月)
☆セミナー情報☆
フラクタル心理学・入門(全2日間)
6月24日(土)12時〜18時
6月25日(日)12時〜18時

LDPセミナー・6月18日(日)10時〜12時
人を変える魔法・6月18日(日)13時〜15時

一色真宇先生・グループセッション
6月30日(金)17時〜19時・19時30分〜21時
一色真宇先生・現象学1
7月1日(土)10時〜17時
7月2日(日)10時〜17時
一色真宇先生・インナーチャイルド療法
7月1日(土)18時〜21時

ホームページはこちら

今週のメッセージ(6月26日〜7月2日)

2017.06.26 Monday

 

宮崎は雨の月曜日です。

 

今週のメッセージです。TAWカードを引いてみました。

 

 

☆未来の自分の言葉に100パーセント従おう!

 

現在のあなたが従うべきは未来からの声。

 

しかし、どれが未来でどれが過去かわかりませんね。

 

でも、「未来の言葉に従う」と決めると、不思議と見分けられるようになりますよ。

 

 

判断に迷ったときには、「未来の自分」に訊ねてみましょう!!

 

誰に訊ねて良いのかさっぱりわからない時には、親で良いと思いますよ。

 

ただし、漠然としていても良いので、

 

「未来はこうなりたい」という方向性を自分で決めておくことが大切ですね☆

 

今週は、未来の自分の言葉に耳を傾けてみましょう。

 

LILY IN THE FIELD

 


入門セミナーご感想。

2017.06.25 Sunday

 

あっという間に日曜日です。

 

最近は、入門セミナーが集中していて、

 

この1週間で3名の方に、入門セミナーをそれぞれに受講していただきましたが、

 

3名とも、入門1日目は大雨で台風のようなお天気で、わたしもびっくりしました。

 

今日は、HさんとYさん、一緒に受講していただいたのですが、

 

長女さんと末っ子さんで、お互いに価値観の違いを感じたようで、良い組み合わせでした。

 

お二人とも、「頭がごちゃごちゃするー」とおっしゃっていましたが、楽しそうでよかったです。

 

わたしが口を開くたびに、「ええーーー!?」という反応があり、

 

そんなに驚くようなこと?!と、逆にギョッとしましたが、

 

わたしもだいぶん感覚が麻痺してきたようですね・笑

 

わたしも、最初に入門を習ったときには驚きすぎて、同じ反応でした・笑

 

先生に「じゃあ、○○はどうなるのですか?!」などと、質問攻めでしたねー。

 

入門セミナーは、12時間かけてじっくりじっくり進めていくのですが、

 

本当によくできていて、このプロセスがあるからこそ、最後にやっと大きな気づきがあります。

 

入門セミナーの概要をさっと読んでも、絶対に腑に落ちないでしょう。

 

12時間かけて、自分の過去に思いを巡らせ考えていかないと、とてもとても理解できない内容です。

 

このテキスト構成を考えたのはどなたなのかな?と、毎回感心します。

 

今度一色先生にお会いしたときに、もしチャンスがあれば、訊ねてみようかなと思っています。

 

 

それでは、本日のご感想です。(掲載のご許可をいただいております)

 

Yさま(女性・50代・自営業)

 

正直、まだわからないこと、納得できていない部分が多くて、フラクタル心理学のことをきかれても、

 

答えられることが少ないです。

 

でも、なんとなく全ての現象は自分が作り上げてきたことだということは、わかりました。

 

そうであるなら、未来がとても楽しみだと思いました。

 

 

Hさま(女性・40代・自営業)

 

世の中の出来事までもが、自分の思考で作られていることに驚きました。

 

人生で出会う人たち全てが、自分の6歳までの記憶で作られ、パターン化されているなんて信じがたいです。

 

これから自分がどう変わっていくのか楽しみです。

 

行動計画で書いた3つの約束の結果、現象が今度どういった動きを見せるのか、

 

意識して物事を見るようにします。

 

 

お二人とも、似たようなお仕事をされていました。

 

これも偶然ではありません。

 

お二人とまた来月お会いする約束をしましたが、報告を聞くのが楽しみです。

 

7月の入門セミナー日程は、7月22日(土)・23日(日)の2日間です。

 

日程については、ご相談に応じますのでお気軽に連絡くださいませ。

 

LILY IN THE FIELD

 


今週のメッセージ(6月19日〜25日)

2017.06.19 Monday

 

遅くなりました。

 

今週のメッセージです。

 

今週は、ハワイアンスピリチュアルカードです。

 

 

☆ポリアフ(雪の女神)

 

「平静さを失わずに」と、カードは注意しています。

 

あなたの最大の長所は、忍耐力です。

 

柔らかな物腰でありながら、粘りつよく待つことができるのは、特出すべき力になります。

 

カードは、「冷静さと情熱を療法使うように」とチャンスの到来を告げています。

 

停滞していた仕事や悩みも動き始めるでしょう。

 

ハワイと雪は、なかなか結びつかないですね。

 

昔流行ったアナ雪が頭をよぎりました♪

 

冷静に、でも情熱的に、今週も頑張りましょう。

 

宮崎は、明日から雨の予報です。

 

梅雨入りしたのに雨が降らないので心配していましたが、やっと梅雨らしくなりそうです。

 

 

晴れているうちに、記録として写しておきました。

 

ベランダだと短い時間しか日が当たらないのですが、ぐんぐん伸びてくれています。

 

 

ジャスミンもやっと1つ咲きましたよ。

 

たった一つしか咲いていなのにすごい香りです。

 

LILY IN THE FIELD


今週のメッセージ(6月12日〜18日)

2017.06.12 Monday

 

今週のメッセージです。

 

本日の宮崎は、雨が降りそうで、降らない日でした。

 

空気がひんやりしています。

 

今週は、カエルカードを引いてみますね。

 

 

☆勇気

 

勇気があれば、心にいっぱい広がった恐れも退散!

 

背筋を伸ばして深呼吸。

 

今の自分に自信を持って向かうあなたは頼もしい。

 

 

成功できないのは「挑戦する勇気がないから」と書いてあった言葉を、

 

時々思い出します。

 

今週は、「勇気を持つ」ことに意識を向けてみましょう。

 

宇宙が、世界が、応援してくれるようです♪

 

LILY IN THE FIELD

 

 


GRIT やり抜く力

2017.06.09 Friday

 

2016年でアメリカで話題になった流行語が、GRIT(グリット)だそうです。

 

グリットとは、やり抜く力、といういいのことだそうです。

 

成功に必要なのは、IQや天賦の才ではなく、「やり抜く力」という考えが広がっている、

 

と書かれている記事を読んで、

 

とても印象に残ったので、記事を切り抜いて持っていて読んでいました。

 

 

ボロボロになるまで読んでいました。

 

やり抜く力の特徴は、

 

「興味、練習、目的、希望」の4つ。

 

そして、「やり抜く力」を持つ人の共通点は、

 

1.コーチやメンターの助けを借りる

 

2.小さな決め事を長期間守り続ける

 

3.自分について熟考する

 

の3つだそうです。

 

また、この人たちは、現状に満足しない人たちで、

 

「満足していない」ことに満足し、「もっと上達できるはずだ」

 

と考えているのだそうです。

 

これに当てはまる人は、一人だけ思い当たらないですね・笑

 

一色先生・・・。

 

ノーベル賞を取りたければ、ノーベル賞受賞者のメンターがついていれば取りやすい、

 

と書いてあり、「確かに!」と思いました。

 

うちの子供も、塾など習い事に行かせておりますが、

 

自分の経験からして、自力で勉強したって伸びないだろうなと思うからです。

 

自力でもある程度は伸びるでしょうが、大したことはないでしょう。

 

GRIT(やり抜く力)は、何かを取り組むにあたって、どれほどのパワーを注ぐか、ではなく、

 

毎日、一つの目標を立て、昨日より上達すべく努力する、

 

そして、それが小さければ小さいほど、継続しやすくて望ましい、と書いてありました。

 

練習をするのも、漫然とするのではなく、目標に向かって効率的な方法で努力を重ねる。

 

一途にひたむきに。

 

情熱を持って、永続的に一つのことに興味を持ち続け、それをコツコツと頑張り、

 

現状に満足せず、目的に向かって努力し続ける。

 

それが社会的意義があると思えば、逆境やマンネリを打破できる。

 

好きなことだけしていてもダメなんだ・・・と、2年前に知りましたが、

 

社会的意義がないと、本当にすぐにへこたれます。

 

先日の映画、レオナルド・ダ・ヴィンチは晩年は不遇だったようです。

 

後輩の芸術家に嫉妬もあったようで、そんな人間らしいところがあったとは!!と驚きましたが。。。

 

GRITを読むと、もうちょっと完成品があればよかったんじゃないかなあ・・・

 

と、思ってしまうのは、凡人の安易な考えでしょうか。

 

 

今までの自己啓発本とはちょっと違っていて新鮮。オススメです。

 

LILY IN THE FIELD

 


梅雨入り。

2017.06.08 Thursday

 

九州は梅雨入りと聞きました。

 

宮崎は、今日は良いお天気でしたが、これから雨が多くなってきますね。

 

 

小さな可愛い紫陽花をいただきました。

 

お庭に咲いていたそうです♪

 

レオナルド・ダ・ヴィンチの映画を観に行きました。

 

最後の晩餐、や、モナリザで有名な、レオナルド・ダ・ヴィンチです。

 

画家だけではなく、発明家でもあり、非常に多才な人です。

 

でも、描いた絵で、ちゃんと完成している絵はものすごく少ないのだそうです。

 

昔は、貴族が自分の肖像画を画家に描かせるのがステータスだったようで、

 

当然レオナルドさんも貴族から肖像画を依頼されていたのですが、結局描き終わらなかったものもあったようで、

 

いくら上手くてもそれはないんじゃ・・・とびっくりしました。

 

未完成はダメ、最後までやろう!という話をよくしていたので、タイムリーな映画でした。

 

LILY IN THE FIELD

 

 


今週のメッセージ(6月5日〜11日)

2017.06.05 Monday

 

今週のメッセージです♪

 

 

☆人生は甘くておいしい!

 

人生はつらい、つまらないが口癖になっていませんか?

 

本当はそうではなくて、人生は甘くておいしいのかもしれません。

 

まずは言葉から変えると次第に人生が変わります。

 

 

「なんで、あなたが、そんな大変な思いをしなくちゃいけないの?」

 

と思ってしまうような、重荷を背負っている人、何でもかんでも自分でしてしまう人が周りにいませんか?

 

また、昨日ご紹介した映画「オデッセイ」の感想の続きですが・・・

 

宇宙船の中では、役割分担がとても明確です。

 

例えば、主人公は植物学者だったので、火星という不毛の地で、じゃがいもを育てることができました。

 

他にも、「いますぐ船内にあるもので、爆発物を作って!」という船長の要望に応えて、

 

台所にあるものを使って混ぜて、爆発物を作った科学者もいました。

 

当たり前ですが、プロフェッショナルが集まって作られるチームって素晴らしいですね。

 

そう思うと、あれこれ中途半端に出来るようになるのではなく、

 

何か一つの専門分野に特化した方が、チームの中の優秀な一員になれます。

 

一人でいると、「それしかできない人」ですが、

 

みんなと一緒にいれば、「その分野では優秀な人」として重宝されます。

 

映画では、主人公がどうしたら火星から地球に帰還できるか、

 

科学者たちが意見を出し合い、可能性を探っていきますが、

 

みんなの協力なくしては、大きなことは成し遂げられませんね。

 

フラクタル心理学・上級セミナーのご感想をいただいたので、ご紹介しますね。

 

Kさま・30代・独身

 

いままでわたしは、飽きっぽくひとつのことを成し遂げることすら面倒くさい、

 

と思っていました。

 

ひたすら修正をくり返し、勘違いに気づき、ようやく本当の自分を知ることができました。

 

迂回ばかりして人のせいにして、間違った思考に気づき納得し、

 

修正する術を学び得ることができました。

 

習ったままにするのではなく、きちんと活用し習得していきたいと思います。

 

いま思うのは、あのとき「変わりたい!」と思って、決めてよかったということ。

 

行動したからこそ、両親の愛にも気づくことができたし、考え方が柔軟になりました。

 

また、一緒に学ぶ仲間がいたことにも感謝です。

 

父と母のように!幸せな結婚をできるよう思考をため、早く実現するよう頑張ります。

 

上級では、「仲間がいてくれて、本当によかった」と思います。

 

意見を共有したり、共感したり、は中級までいっぱいしてきましたが、

 

上級で、自分の勝手な思い込みを、「それはおかしい」と指摘してくれた仲間に、

 

あとになって、心から感謝の気持ちが出てきました。

 

Kさまの結婚が決まってくれたら、本当に嬉しいです。

 

今日は、お客さまと話していて、家族もチームだから、

 

パパは仕事、ママは家事と子育て(プラス仕事)、子どもは勉強と学校、

 

それぞれ「任務」と思って頑張らないとねーと、改めて思いました。

 

☆フラクタル心理学入門セミナーを開催いたします。

日時  6月24日(土)・25日(日)の12時〜18時

受講料 32400円

場所    LILY IN THE  FIELD

定員  4名さま

 

お申し込み

フォーム

お電話 090−2804−7641

メール 

888@lilyinthefield.com

 

お待ちしております♪

 

LILY IN THE FIELD

 


宇宙。

2017.06.04 Sunday

 

黒酢ドリンクをいただきました。

 

健康に良さそうなので、ほぼ毎日飲んでいます。

 

 

お酢という感じがしなくて、とても美味しいです。

 

 

朝に、氷出しお茶を作っています。

 

水出しの進化系のような、氷出しお茶。

 

水出しとは違った味で、面白いです。

 

野菜をたくさん摂るようにして、健康にも多少は気をつけてもいるのに、

 

最近は口内炎ができ、まったく納得できません。

 

ところで、週末は、映画「オデッセイ」を少しずつみていました。

 

火星にたった一人で取り残された宇宙飛行士(マット・デイモン)のお話ですが、

 

NASAが助けに来てくれたとしても、4年後だろうと自分で計算して、

 

どうにか生き延びようと、食料や水を作ります。

 

前に、テレビの「アナザースカイ」で、宇宙飛行士の山崎直子さんを見て、

 

東大卒の美人で、信じられないぐらい優秀な方だなあと思ったのですが、

 

聞いた話だと、宇宙飛行士に選ばれる人は、頭脳優秀で、体も丈夫で、性格も良い方なのだそうです。

 

我慢強く、協調性があり、人間性も素晴らしい、と聞きました。

(じゃないと、宇宙の中で発狂しそうですね・・・)

 

「オデッセイ」の主人公が、どんなに大変で困難な状況でも、明るく前向きに頑張る様子を見て、

 

山崎直子さんを思い出しました。

 

不屈の精神に励まされる映画です。

 

わたしなら、すぐ死んでるなあと思いながら観ました。

 

「宇宙」がテーマの映画はよく見ます。未知の世界で、なんとなく憧れてしまいます。

 

いつか、一般人もごく普通に宇宙に行ける日が訪れてほしいです。

 

LILY IN THE FIELD

 


夢占い。

2017.06.02 Friday

 

昨日の夜は、以前参加した一色先生のグループセッションの録音を聴いて、

 

先生にアドバイスいただいて感じたことを思い返しながら、会員さまブログを書いていたのですが、

 

まあ、とんでもない記憶が出てくる出てくる・・・

 

子どもの頃にどれだけ言うことを聞かなかったか。。。

 

幼稚園の時には、スケート教室があったのですが、スケート靴が履きにくくてすごく嫌で、

 

何とかかんとか、適当に理由をつけて、勝手に休みました。

 

家に帰って、スケート靴が濡れていなくて、母にバレて怒られた記憶があります。

 

小学生の頃もプールが嫌で、勝手に休みました。

 

あとは、母が先生に渡しておいて、と渡されたお手紙、習い事の月謝、

 

ランドセルに入れっぱなしで忘れていて、また家に持って帰ってしまい見つかり、

 

「何で渡してないの!!」と怒られ・・・

 

なのに全く懲りずに、ひどい時には次の日も忘れて・・・

 

こんな悪い子供だったよなーと思い出しました。

 

大人のいまになると、何でこんなに怒られても懲りないのか、ちょっと頭がおかしいんじゃないだろうか。

 

と自分にぞっとします。本当に理解不能ですが、

 

「どんなに失敗しても、結局は許してくれるよね♪」という甘えがあったのでしょうね。

 

チャランポランで、好きなことだけして、伸び伸びと過ごしていた子供時代でした。

 

大人になって社会に出たら、そんなチャラチャラな考えではやっていけないことがわかってきて、

 

多少は直ってきたのでしょうが・・・

 

両親も、こんなチャランポランに四苦八苦して大変な思いをしてきたのだろうと思い、反省です。

 

きょうだいがいつも一緒にいれば、お姉ちゃんとして、もう少ししっかりしたのでしょうが。。。

 

Tizan先生にも、池田さんは一人っ子みたいなもんですよね、よくも上手いこと人間関係を構築できましたね、

 

と言われましたが、

 

本当に、子供の頃からの自分の行動を振り返ってみると、

 

いま、周りに人がいてくれるのが奇跡のように思えます。

 

そして昨日、こわーい夢を見たのですが、

 

誰かと外で道を歩いていたところ、二人組の強盗らしき人?がいて、

 

それを警察二人組が走って追っているのを目撃。

 

息をのんで見守っていると、やがて警官が強盗らしき人を一人捕まえました。

 

そして、警官が躊躇なくその強盗の足を撃ち、「ええええっ!」と驚き、目が覚めたという夢。

 

夢の登場人物すべて、実は「自分」なのだそうです。

 

強盗も、警察も、実は自分。

 

泥棒の自分を、警察の自分が捕まえ、おまけに逃げられないように足まで撃った・・・

 

悪いことは絶対に許さないぞーと、非常に徹底していますね。

 

あとは、その夢に、すいかをもらって食べるシーンもあったのですが、

 

すいかを調べてみると、「妊婦」の象徴なのだそうです。

 

ちょうど今日は妊婦さんと連絡を取り合って、もうお腹も大きいのかなーなんて想像していました。

 

赤ちゃんが生まれるのを、みんなでとても楽しみにしています。

 

仲間内で一人が赤ちゃんを産んでくれたら、続けてどんどん産まれそうな予感がします。

 

逃げる自分をやめて、新しい自分を生み出そう!!

 

と自分に言い聞かせました。

 

以前、一色先生に、深層意識にいる悪い自分を見つけて徹底的に殺しなさい(もちろんイメージで、ですよ)、

 

と言われたのですが、夢の中では殺すまではしなかったので、

 

まだまだ甘いかもしれません。

 

受講生さんたちと、食事に行くと、「それは殺さないと!」とか、「もう滅びましたね!」

 

など、笑顔で物騒なことをしゃべって盛り上がっているので、あやしい集団です。

(しつこいですが、全部イメージのお話ですからね。)

 

 

ベランダの朝顔が、順調にツルを伸ばしています。

 

日当たりがあまり良くないのですが、頑張っている様子。

 

何だか、とってもけなげで可愛いです。

 

小さなスペースのガーデニングですが、たったこれだけでも朝起きるのが楽しみです。

 

LILY IN THE FIELD


会員さま 2017年6月のリリー通信。

2017.06.01 Thursday

| 1/89PAGES | >>